神戸ストリーム

From traditional light and darkness of Japan and the importance of nature from Kobe… / 日本の伝統的な明と暗、そして自然の大切さを神戸から… / © 2006 神戸ストリーム Corporation.

2008年07月

昆布の佃煮のお店がある山の中なのにここの前は旧鯖街道枕草子にて「近うて遠きもの」の例として九十九(つづら)折りの参道を挙げている。義経が育った場所 鞍馬寺 新西国十九番札所 (新西国三十三箇所一覧) 仁王門 狛犬ならぬ狛虎 ケーブル(100円)にて九十九(つづら ...

老舗には圧倒的なパワーを感じます味わっている間は魔法にかかってるような気分ですJR京都駅から東へ徒歩5分ほどたかばしと呼ばれるこの場所に2軒の行列のできるラーメン店がある。南側が黄色い看板の第一旭たかばし本店、北側が赤い看板が今回の新福菜館本店だ。横浜ラー ...

桃山時代作庭された美しい苔に覆われた枯山水蒼空の心地よい酔いを伴なって電車で「京阪東福寺」駅から歩くちょうど晩酌の頃外は大雨、今はあがって涼しげな夕方雨上がりの桔梗と苔は一段と美しいに違いない臨済宗・東福寺塔頭 天得院 ~桔梗を愛でる特別拝観 ライトアップ ...

このお酒と出あったのは数年前京都のとある酒屋でした透明のボトルに藍色の厚めの和紙のラベルはがして簾にはっつけていましたそんなに気になるようになったのはこんな話を知ったからなんです『蒼 空』イメージが広がるいいネーミングですし味も丁寧で軸のぶれない酒たちで ...

お昼は京都の五つの花街のうちのひとつ上七軒で食べることにしました以前、ある方から聞いていたお店『小きみ』常連のお客様からおかあはんと呼ばれながら楽しく会話をしながら手際よく小鉢がどんどん並んでいくほんとうならお酒をといいたいところ890円のお昼ご飯はあま ...

夏の土用の丑の日に手足を浸すと 諸病をまぬがれるという聖なる泉 神秘の三つ鳥居 見たこともない穴倉の中の稲荷さん   今回の旅で一番の神秘 調べていくうちに遥か遠くへ行ってしまった   木島坐天照御魂神社 (このしまにますあまてるみたま神社)   別名 蚕(かいこ ...

鎌倉末期、南北朝の騒乱時吉野で不遇の中に崩御された後醍醐天皇を慰めるためにまた、敵味方もなく、亡くなられた方々の英霊を慰めるために足利尊氏殿が力をそそいだ■ 霊亀山 天龍資聖禅寺 禅寺・京都五山一位いきなり現実的ですが、駐車場代の千円はあまりに高く山門前 ...

荒廃と復興を繰り返し我々のこの時代にまで「美しき良きもの」を残してくれています今は駅の前、そして大きな道に面して隣には大きな建物が顔を覗く...それぞれのリスクを木々たちが必死に隠してくれていますそこには確かに「美しき良きもの」がありました愛読書『京都花 ...

↑このページのトップヘ