神戸ストリーム

From traditional light and darkness of Japan and the importance of nature from Kobe… / 日本の伝統的な明と暗、そして自然の大切さを神戸から… / © 2006 神戸ストリーム Corporation.

2010年08月

心おきなく、心身浄化をさせていただきました。  丹波北面の社 摩気神社  祭神は大御饌津彦命(豊受大神)で、農業神である。祭神の「ミケ」が変化し「マケ」となったとされる。 豊受大神と言えば前回の福知山「元伊勢の旅」でご紹介した、元伊勢外宮に祀られ、今は伊勢 ...

園部城、いまはその城門は園部高校の校門となっている。 ちょうど登校時になったもので、生徒達が城門をくぐっていく。 なんてイカす高校なんでしょう。 園部城の歴史は城めぐ.comのサイトで。 車を園部公園(無料)に停めて、少し歩いてみる。   お城に見えるのは南丹 ...

学問能筆の神 菅原道真 みなさんご存知「天神さん」です。 どの町にも、道真公を祀る神社は必ずあるんじゃないでしょうか、全国1万2千社とも言われています。   園部・生身天満宮と道真公 園部の地は菅原道真公の領地であり、園部城があった小向山に御殿があったそうで ...

桑田神社を出て保津川の対岸にある「請田神社(うけた)」へ 一度、亀岡駅方面に戻り大きなバイパスを渡って対岸に行く 川伝いに道があるが、落石及び崖崩れの恐れがあるため途中からは車の進入不可  前日までの雨で地盤が緩んでいて危険な状態 亀岡開拓伝説の中心的神社で ...

亀岡かつては亀山、そしてもっと昔は「桑田の宮」と呼ばれ 富士山と並ぶ日本の聖地の一つと言われていたらしい 亀岡から松尾大社、太秦、そして深草の伏見稲荷と同じ力が働いている そして以前訪れた、三足の鳥居のある「蚕の社」もそうだ 今回の旅の二日目の早朝は、保津峡 ...

大井神社参拝のあと、並河駅周辺を散歩してみた 見逃しがちな大井町の住宅街にある神社「天皇神社」。 土地の産土神*は大井神社で、天皇神社はこの地の旧家三宅一族の神社です。 産土神(うぶすながみ、うぶしなのかみ、うぶのかみ)は生まれた土地を領有、守護する神。   ...

亀岡からJR嵯峨野線で一駅下る、並河駅を歩いてみた 初日最後の目的地は 『大井神社』 大井神社のある大井、並河地区は、五月の端午の節句にも鯉のぼりを立てず 鯉を呼び捨てにせず、鯉を決して食用にしない風習を今も守る それはある、語り継がれた伝説によるのものです ...

陰陽道 安部晴明も亀岡にいた 亀岡市内の西山 安行山 また神奈備山とも言われる ここにも驚くべきルーツがあった この地に709年に奉られた稲荷さんが、太秦を経て深草の地にたどり着く そう伏見稲荷大社のルーツといわれているのです。 伏見稲荷関連の文献には中々出てこ ...

弘法大師 そう空海さんも亀岡に 中国から帰国の折に港から「密教の教えを広めるのにふさわしいところへ飛んでいけ」と手にした独鈷(とっこ・宗教行事に使う両端のと がった短い棒)を日本の方に投げられました。帰国後春日大社にてお祈りをしていると春日明神が現れ、「唐で投 ...

↑このページのトップヘ