神戸ストリーム

From traditional light and darkness of Japan and the importance of nature from Kobe… / 日本の伝統的な明と暗、そして自然の大切さを神戸から… / © 2006 神戸ストリーム Corporation.

2011年08月

石舞台の少し先で左手「多武峰」右手「吉野」という三叉路に出る。 この旅の終盤は、かつて持統天皇様をはじめ数々の天皇様が吉野・宮滝宮に行幸の際、歩かれた道を走ってみる。 俗に言う「奥明日香」と言われる場所である。 右折してすぐは「祝戸」という場所、このあたり ...

日本初の国立寺院「百済大寺」については謎のままであったが平成10年に、高さ100m級と推定される塔(九重の塔)の壇跡が見つかり、百済大寺は吉備池廃寺で間違いないと発表された。 すべてが解明されれば飛鳥時代の寺院として最大級となる。 詳細≫百済大寺と吉備池  ...

西の京の薬師寺、元はといえばこの地「藤原京」にあった。  そして西ノ京に移転した後も、藤原京の薬師寺はその伽藍の一部を残したまま、平安時代前期までは存続していたという。          すぐ横(写真右手)の空き地に車を停めることが出来る。 この植え込みの ...

900m四方の広大な緑は、大和三山のほぼ真ん中に位置する。  周囲にたくさん駐車場があるが橿原市藤原京資料室(現在地マーク)に停めて徒歩で東に向かう。    この位置は天皇が住まわれていた内裏の真ん中~大極殿よりにあたる。 この写真を撮っている後(北側) ...

豊浦という地は飛鳥の西側、飛鳥川の左岸にある。 豊浦に『豊浦寺』あり、日本最初の寺(創建年の解釈によっては飛鳥寺に次ぐ2番目のお寺となります)とも呼ばれ、飛鳥五大寺の一つにも数えられた。 「日本書紀」の記述では、552年、百済の聖明王から金銅の釈迦仏などが献上 ...

かつては「神なび」として神の宿る山とされ信仰された場所「甘樫の丘」。 このあたりは豊浦といい、かつて蘇我蝦夷と蘇我入鹿の親子が屋敷を構えていた場所。 飛鳥寺の西、川原寺から見れば北に当たる。 駐車場は二箇所あるが南側の駐車場が無料なのでそちらを利用しよう ...

橘寺から西へ数分       川原を後にして野口に入る   天武・持統天皇陵、檜隈大内陵(ひのくまのおおうちのみささぎ) とも野口王墓とも呼ばれる   参考≫天武・持統天皇陵     刈り込まれた木の後から外周を回る細い道が...    ほぼ一周したあたりに咲 ...

橘寺境内の親鸞聖人像の後から真北の「川原寺」と7世紀中期の斉明天皇が営んだ「飛鳥川原宮」跡地を望む。参照↓    土蔵 ⊳橘寺 境内図刈り込みのきれいな木と、漆喰がの剥がれた土塀がいい味を出している。 土蔵の裏側  三光石阿字池   橘の花を象ったと言われる五 ...

 昭和49年(1974年)、川原寺の裏山の板蓋神社から、千数百点におよぶ塑像の断片や塼仏(せんぶつ)が発掘された。塼とは土製品を焼いたもの で、材質 的には煉瓦に近い。川原寺裏山からは、縦横とも20cmほどの板状の塼に三尊仏を浮き彫りにした三尊塼仏が大量に発掘されて ...

奈良市街東方の柳生街道をしばらく走る。 奈良市忍辱山町(にんにくせんちょう)、柳生まではもうわずか、周りにはゴルフ場がひしめく。 忍辱山 円成寺(えんじょうじ) 真言宗御室派(総本山は仁和寺) 本尊は阿弥陀如来    右手に駐車場が見えてくる、その周りを見事 ...

7月12日 早朝 少し足を伸ばして西の京へ   薬師寺を東に、勝間田池(通称大池)から朝のショーを見る    シルエットで浮かび上がる薬師寺西塔と金堂   空が水面に綺麗に写っている    二つの塔と金堂、そしていよいよ来る    二つの塔のちょうど真ん中か ...

東大寺の二月堂からの夕景を観たい。 日没までにはまだ少々時間があるのでのんびりと歩きながら、時おり腰を下ろして鹿たちを眺めたりしながら...南大門あたりはもう何度も来ているので、撮影はしばしお休みということで... 二月堂参道の起点よりスタートする。   二 ...

製氷販売業、冷蔵冷凍庫の守護神。ヒートポンプ、蓄熱技術の守護神。 そして興福寺東山鎮守、南都七郷の産土神。とある。  氷室神社 ≫公式HP ≫由緒   県庁を通り過ぎて東大寺に向かう途中左手にある。     手水舎とうしろの鏡池    手水舎の反対側にある祓所は、 ...

治田神社<はるた神社>は岡寺の向かい、かつての岡寺講堂跡地にある。 近年まで八幡神社と言われており、一の鳥居は岡寺参道の下にある。多くの人々は、きっと岡寺の鳥居だと思っているはず。御祭神は品陀別天皇 素盞嗚尊 大物主神。  岡寺を出ると真正面にこのような神社 ...

天武天皇の皇子で27歳で早世した草壁皇子の住んだ岡宮の跡に義淵僧正が創建したとされる。 江戸時代までは興福寺の末寺であった。江戸時代以降は長谷寺の末寺となり真言宗豊山派の寺院。山号は東光山、寺号は龍蓋寺(りゅうがいじ)とも称する。 御本尊は如意輪観音。西国 ...

談山神社をあとに、明日香に戻る途中「念誦崛不動尊(ねずきふどうそん)」というのがあると聞き、行ってみることにした。 県道155から北へ「北山林道」に入る。売店の叔父さんの話によると桜井まで降りれると言うことだが、今回は冒険はせずにおいた。 北山林道に入って ...

権殿の西側に小さな祠が並んでいる、それらの神々をみてみよう。 最初は目を惹く祠「比叡神社/御祭神は大山咋神(おおやまくいのかみ)」。元々あった場所「飛鳥の大原」とは鎌足公の生まれた場所と言われており、この旅の最初に訪れた場所、明日香村小原(おおはら)のこ ...

↑このページのトップヘ