神戸ストリーム

From traditional light and darkness of Japan and the importance of nature from Kobe… / 日本の伝統的な明と暗、そして自然の大切さを神戸から… / © 2006 神戸ストリーム Corporation.

2014年05月

大河内山荘(入山料 抹茶、菓子付 千円) ≫詳細昭和9年(1931年)、大河内傳次郎34歳のとき、当時長期保存が難しかったフィルムに対し永く消えることのない美を追究するため自身で設計しこの庭の造営を始めた。映画出演料の大半を注ぎ込み64歳で亡くなるまで30年の歳月をか ...

踏み込んだことの無いエリアのさらに奥に行く。 モンキーパークのあたりに手書きの看板で「絶景」とあったのだがけっこう粗野なイメージのためかずいぶん参拝者は間引かれているようだ。 今から行こうとしている場所は以前亀山公園(小倉山)に来た折りにあれはなんだろう ...

2014桜、京都滞在3日目(4/9)は嵐山そして嵐山の早朝は何を置いてもまずここに、人が増えてくると空気が変わるからね早朝のみ恩恵を受けるのは駐車場とはりつめた空気 散歩の途中見つけたあこがれの玄関朝の落柿舎 向井去来遺跡 ≫公式サイトもとは対岸の嵐山と合わせて ...

原谷苑は、金閣寺より衣笠山を、御室より八十八ヶ所の山を越えた洛北原谷の、不毛の土地を、戦後の原谷開拓団の依頼を受けて、昭和32年から、花好きの村岩二代目が、景色の良い丘を選び数百本の桜や紅葉ほか数十種類の樹木を植樹したことに始まります。          ...

一般の拝所でもある楼門                 *下院から表参道を登り、楼門までまっすぐの上院の参道に出た。手水舎の少し手前で右が裏参道、左手が西ケーブル参道 ≫境内図南総門 ≫詳細⑰左手に神楽殿、右手にはお札・お守り授与所 ≫詳細23前を向けば一般 ...

伊勢神宮とともに二所宗廟の一社である石清水八幡宮、かつて徒然草にこのような一段がある。 ≫徒然草とはちまんさん  鳩ヶ峰の別名「男山」標高143m地点に上院がある。  クリックで拡大一の鳥居 ≫詳細頓宮入口頓宮殿 ≫詳細もと山上の南総門であった「南門」八幡地 ...

今回京都に行くにあたって、いろいろな花見のまとめサイトでチェックしたのだが、その中でも常に上位にランキングされていたのが八幡市の「淀川三川合流域」、「淀川河川敷」とか「淀川河川公園背割堤地区」とか呼ばれる場所。 三川とは桂川、宇治川、木津川である。それら ...

日が傾きだした頃に平安神宮近くの疎水周辺を歩いてみることにした。 この場所は平安神宮の西側。平安神宮の裏手を歩きぬけて、神宮の東側、ここは獅子ヶ谷あたりだっただろうか? 絵になる民家の一角、見るほどにうまく撮れてはいないが... 京都の夕刻まして桜の時期 ...

下醍醐を経て登っていくと左手に「客殿」が見える。 そしてその先が上醍醐への入口となる「西国第十一番霊坊登山口」とある。 三十三ヶ所最大の難所である。弁天堂から坂道を登ると鳥居が見えてくる。 この先が上醍醐と下醍醐の結界にあたる。 女人堂、かつてここから先 ...

三宝院を出て桜のアーチになった参道を進むと仁王門が見えてくる。仁王門の左手右手仁王門をくぐるとそこは青紅葉の参道途中振り返って見た仁王門清瀧宮本殿 醍醐寺の総鎮守清瀧権現(せいりゅうごんげん)を祀る鎮守社 ≫詳細両側に二柱づつの末社。こちらが清瀧宮拝殿、真 ...

 2014.4.7 醍醐寺参道 霊宝館前にて 今年は4月の7日から9日までを京都にて過ごすことにした。 桜三昧はやはり腰を据えて楽しみたいもの、余裕の時間配分と大胆な移動が重要。 まずは伏見区、世界遺産「醍醐寺」へ...ここは時間をたっぷりと割いて全域を楽しみた ...

 見事な桃山風、上宮の西大門。                 *まずは右、下宮(御炊宮/みけみや)へ。 ≫境内MAP高倉(県指定重要文化財)真正面は社務所、右手に拝殿本殿、左は上宮への道拝殿本殿の様子上宮、下宮とも向かって左手から一之御殿、二之御殿、三之御 ...

 御霊水               *宇佐のルーツなる場所から引き返し、八幡大神が御現れになった霊池「菱形池」周辺をいく。 ≫境内MAP菱形池の東の端、このような石橋が対岸の水分(みくまり)神社へと導く御祭神は水を司る五神を祀る。高靇神(たかおかみのかみ) ...

駐車場に停め、観光案内所でMAPを入手。 真北にある神橋に向かう。 ≫境内MAP見事な晴天、鳥居の奥に神橋が見える。 この鳥居をくぐりずらーっと並ぶ数々を有形文化財 26号蒸気機関車 クラウス号 ≫クラウス号とその時代薫風や国を護りの神として/高浜年尾  宮本 ...

↑このページのトップヘ