神戸ストリーム

From traditional light and darkness of Japan and the importance of nature from Kobe… / 日本の伝統的な明と暗、そして自然の大切さを神戸から… / © 2006 神戸ストリーム Corporation.

2015年01月

ちょうど船が返ってくるところ、ここは福良港。 車を停めてここはじっくり港町を散策してみたい  うずしおの足湯、賑わう売店を見た後、歩き出す目を惹く建物海鮮焼と海鮮丼淡路人形座 》HP駐車場に停まってた淡路交通の車のボディ「あわじぃ」(笑) さすが淡路 で ...

8月12日、淡路人形浄瑠璃資料館へ 》HP 無料で浄瑠璃のことを知ることができ、お土産も高くなくおすすめ。          *淳仁天皇が幽閉されていた場所、今は小さな祠とゲートボール場。 野辺の宮からほどなく浄瑠璃発祥の地「三篠地区」に出る 三篠八幡神社 ...

賀集八幡神社 》詳細やはり淡路には集落ごとに八幡神社が、それも立派な規模が多い。宴梅の楚々と咲き薫るこの山麓に立ち、東を望み野田山の辺りに悠然と昇る朝日をとらえて、詠まれた句である。八坂神社本殿 稲荷神社と宝物庫クリックで拡大  》解説版の大きなサイト  ...

平安神宮、安芸の宮島と日本三大鳥居と言われるオノコロジマ神社の巨大鳥居(高さ21.7m)日本の神々誕生の聖地といわれるパワースポット「おのころ島神社」へ 》HP産宮神社(お砂所) 》詳細御本殿の真裏八百萬神社八百萬神社本殿と絵馬正殿(本殿)  》詳細おのころ神社 ...

2014年度8月、この年二度目の淡路島の旅、今回は主に島の南側を中心に 夜の淡路入り、淡路SAより神戸方面を見る。一気に洲本まで。日の出は大浜海岸そして大浜海岸の桟橋の脇に立て札  》北の零年サイト           *見事な快晴、洲本から国道28号線を南下、ひ ...

馬居寺から新宮神社に向かう途中、若狭和田駅の近くだったと思うんだけど、相当古い建物があったので車を停めた。写真右下の鉢植え花がいとおしい いいねぇ新宮神社 》詳細ここも海風から本殿を覆いで守る拝殿前 宗像神社 諏訪神社愛宕稲荷神社 さぁ登ろう   この場 ...

道の駅「シーサイド高浜」にて昼食を調達旅の楽しみ、その土地の食文化は道の駅でほぼ事足りる窓の向こうは海                    *馬居寺と書いて「まごじ」と読む。 車を降りるとき、もう一台の車から小学生の女の子が降りてきて、石段を登っていく。 ...

美しい名島 千畳敷・名島 とある「高浜原発」が見える展望台にある子供の像このショットの左手には高浜原発がある。 真正面がダンノ鼻音海地区(おとみ-)に入る。 こじんまりとした漁港の集落。 日本一の断崖とあるので歩いてみることにした。案内板に野猿生息地とあっ ...

北陸三十三カ所観音霊場 第一番真言宗 御室派 青葉山 中山寺 》HP寺伝によれば736年(天平8年)に聖武天皇の勅願のもと泰澄大師によって創建。山門仁王さんのそばには草鞋がお約束境内に中山寺の文化財の紹介があった 美しい本堂前々日の台風のなせる業 社務所 茶室  ...

若狭高浜駅前から国道27号線を舞鶴方面に走り、三松駅を超えたあたりに見逃しがちな感じで、この立札がある。 まぁ、うっそうとした木々たちが群がっているのでピンとくるのだが。 そして三松駅の先が青郷駅、この神社が中心となり、かつては「青郷地区」として今よりも ...

高浜町の町並みは古きを多く残す。 高浜町では有名な老舗「源六餅」 》釈宗演禅師 クリックで拡大  立石子安地蔵のすぐ近くにあった石碑      *若狭高浜駅の山側に位置する佐枝治神社(さきち-)に参拝した。 七年祭が有名。 由緒書きに創建は1800年以上前とさ ...

↑このページのトップヘ