五百羅漢
の神秘さに浸りながら程遠くない場所に、山肌の岩石を削ってお薬師さんを彫ってあると聞き車を走らせた。




切り立った山肌が前方に見えてくる。後で分ったことなんですが、それは甲子園球場37個分の広大な『古法華自然公園』の一角にある



走ったのは裏道でした、車一台がやっと通れるといった山道(笑)、無料駐車場に停め、すぐのところにいきなり目当てのお薬師さんが。

Image124(1)
 

Image123(1)
お薬師さんを背に、並んだお地蔵さんたちに導かれるよう道を上に行く。

Image125(1)

Image126(1)


Image127(1)

古法華寺

収蔵されている浮彫三尊仏龕(通称:古法華石仏)は、今をさかのぼること約1300年前の白鳳時代に彫られた石造彫刻。わが国最古級の石仏で国重要文化財。どこかムンクの叫びにも思える様相だ。写真は↓のサイトで見ることができる。



このあとに行った「西国札所・一乗寺」よりも歴史が古いといわれる。古法華寺の左脇には旅大師といわれ弘法大師の立像がある。道中の安全をお願いするのだ。


Image130(1)
不動明王がここにもいらっしゃる。 燃え盛る炎も見事に表現されています。


Image128(1)
七福神・石仏

参道はぐるっと180度の曲がりがあって、のぼりが急になる。七福神がいらっしゃいました。 

Image129(1)
展望台への道…というより山、もちろん登ります(笑)で、危険のためあきらめる。悔しい


展望台へ500Mと表示がありました・・・が! ここからはロック・クライミングのようです。 今日は悔しいがとりあえず、この写真の見える最上段までで折り返す。広がる周りの景色と、空の青さを楽しむことにしました。美味しい空気、たっぷり深呼吸をして下山しました。


Image122(1)
車に戻り、振り返るとこのような石碑がありました。ちょうどお薬師さんと向い合わせの位置。


Image131(1)

車 で、来た道と違う道から出てみようと走り出す、一列に並ぶ観音様たちに見送られてゆっくりと、そこは見事な自然公園です。 川が流れ、見事な池があ り、公園があり、そして感心したのがトイレの多さです。5分ほどゆっくりと車で走っただけなのに3箇所はあったかと思います。 手入れが行き届いたすば らしいキャンプ場、自然公園です。


Image132(1)
ここが入り口なんだ、この脇にも大きな駐車場がありました。あとそうそうこの地でNHK大河の「宮本武蔵」が撮影されたそう。


                 2007年10月27日



関連情報「加西市古法華の石仏と岩石」

兵庫県加西市西長町
開園 24時間 夜間照明なし/付随施設は営業時間を設定
無休 付随施設は休日を設定
入場料 無料・キャンプ、バーベキュー、石彫等は料金が必要
駐車場 無料・園内車両進入可能

<2020年追記/キャンプ・バーベキューは無料になったようです、凄い!>