友人の結婚式で山口県へ、宿泊は山口市内の湯田温泉

あの中原中也生誕の地としても有名なところ。もちろん記念館もじっくりと見てきました。(最後に紹介しますね)


翌日は夕方から仕事なので、昼過ぎまでのお急ぎ観光です。でも、ドンピシャの観光アイテムがありました。朝食の途中で発見して慌てて食べ終えて、チェックアウト!


山口市内定期観光バス!1980円 8時25分/13時40分 所要3時間30分,ガイド料、施設入館料を含みます。<2020年追記/これはお勧めだけど、今現在あるかどうかリンクが見つからないので疑問>


ちょうどいい! これのあとに中也記念館で◎


日本道路百選のパークロードを走り、山口県庁横の、県政資料館へ


山口市内観光の行程

左右対称の壮観な、国会議事堂のモデルともなった当時としては最先端な建物、山口県旧県会議事堂の中を見る。

Image136

階段の踊り場の上の電球

Image135
そして2階に上がって、窓から中庭を見たところ。中庭にポスト、ベゴニアがまたかわいい


Image137

そしてポストを背に中庭をつっきって真正面がエントランス。「和」と「洋」が見事に調和した柱です


そして外に出て右田のほうにあるのが蕃庁門、長州の名士たちがくぐった門です。

Image134
藩庁門
この門は旧山口藩庁の正門で、脇門付薬医門で、切妻造り、平入り、本瓦葺きです。山口県の重要文化財。門だけがここに移築されているんですが、ムード満々でした。幕末にこの地を収めていた毛利氏が萩にあった蕃庁を山口に移して幕府に立ち向かったのです。バスの窓からパチリ



                     2007年8月19日