「丹波七福神めぐり」というものがある。 丹波というが、すべて亀岡市内にあり、そのすべてが密集しているので半日で回れてしまう(全行程5km内に出雲大神宮も入っている)。 どれか一つだけなら迷わず選ぶべきと愛好者は口をそろえる。

丹波七福神 第一番 毘沙門天 『瑞雲山 神応寺』  曹洞宗

 

神応寺①

神応寺 小さいながらも雰囲気抜群の山門。 

 

神応寺②

少々読みづらくなってきている解説版(写真をクリックで拡大します) 

 

神応寺③

ハクモクレンの巨樹。 一枚目の写真の山門、向って右側にある。 空は一箇所だけ光が差し込むといった不思議な光景で、一風変わった色合いの写真になった。  

 

神応寺④

般若心経一字仏 般若心経の文字を一字ずつ彫り込んだ地蔵尊 

 

神応寺⑤

「石仏庭園 瑞雲三十三観音」の中で一番気に入った、セクシーな一仏。 うしろの木のカットもすごい(笑) 

 

神応寺⑥

神仏習合のなごり。 めずらしい形の社で三神がおごそかに奉られておりました。 どなただったかは確認忘れです、うっかり。

 

                 平成22年11月15日 参拝