多賀大社でのんびりと馬たちと戯れて

おしゃもじも買って(多賀大社はおしゃもじ発祥)...





名物の『糸切餅』を頂きました。




Image236

 
その昔、日本は二度にわたる蒙古襲来を台風によってまぬがれました。平和が蘇ったことを喜んだ里人はおだんごを作り、蒙古郡の旗印である赤青三筋の線を書き、これを弓のつるで切って御神前におそなえしました。 これが今の糸切餅の始まりです。

   

                       多賀町商工会HPより



多賀大社の前の多賀やさんは一人前二個(100円)から食べれて、冷たいお茶もセルフでいただけました。お味は想像されるとおりです。▲▶▼2020年追記100円→130円のようです。


さて今回の旅、ちょい遅いランチです。 琵琶湖を眺めながらパスタとスイーツの食べ放題980円と・・ 食いつきバツグンの企画ですね。 満足度は120%と言っときましょう。▲▶▼2020年追記/彦根プリンスホテルは、彦根ビューホテルになっていました。よってスカイレストランのパスタ・スイーツ食べ放題は幻となってしまいました。残念

Image248


Image247
そう、ドリンクバーもセットされています。この時間はだいたい15時。このサービスは14:30~17:00まで、お食事持ち時間は1時間。パスタ2種類以外にサラダやスープ、そしてカレーもありました。 


彦根プリンスホテル 10階 スカイレストラン・ビスタ → 彦根ビューホテル
彦根駅、米原駅からの無料シャトルバスもあるのでサイトでご確認のご利用ください。

           

旅の食事では初めてこのようなロケーション重視の場所で頂きましたが、これもアリだなと思いました。 味が寂しい場合は×ですが、あたりまえにいただけるなら最高の気分になれます。 しっかりリサーチして予定を立てることは重要なことだと思いました。
                 

それにしても淡海(琵琶湖)は美しいです。このあと湖畔でゆっくりと日没まで過ごしたのですが、比叡山に沈む夕日にたまらなく感動しました。 

                 

その様子はまた次のお話。


清流の都 彦根 多賀 行程MAP