「古代の国道1号線」とも言われる、日本最古の官道の「竹内街道」というものがある。 堺市の大小路から松原市、羽曳野市を経て、太子町、竹内峠を 越えて奈良県當麻町の長尾神社までをいう。 今回の旅の行程はその中にスッポリとはまり込む。 太子町から西はまた次回として... ≫竹内街道を歩く(街道歩き旅さん)  ≫竹内街道を行く

 

SBCA0038

太子町のマンホールには、十七条憲法、第一条が刻まれている。 

               *

 竹内街道の難所はやはり竹内峠だ、ちょうど峠にさしかかるころ、大道旧山本家住宅(国登録文化財)が目を釘づけにする。

 

SBCA0047
保存はすばらしく、美しさに思わず声が出たほど

 

SBCA0048
春季、秋季の特別公開もあるという。 

 

SBCA0045

旧山本家住宅から少し上ったところにあった地蔵さま

               *

太子町を東西に走る国道166号線(竹内街道)と太子町でクロスして「南河内グリーンロード」がある。 北は府道27号の西名阪自動車道交差付近、南は千早駅あたりまでの金剛生駒山脈の尾根に沿ってドライブを楽しむ事ができる。 

今回は南に進路をとって、大阪湾に沈む夕日を見るべく河南町の持尾展望台へ 

 

SBCA0067

曇ってはいたがわずかの時間太陽が顔を見せた

 

SBCA0076
街に灯りが点きだした

PLの花火のときなんか最高の場所なんでしょうね、晴れの日にもう一度訪れてみたい。 このあとは「太子温泉」で一風呂浴びて宴の席へ... このお風呂は夕方五時以降は600円

 

              平成22年12月6日