IMG_2988
 鮎屋の滝(あいや-)

朝の三熊山で心地よくスタートの7月15日、このあと洲本八幡神社を参拝して鮎屋の滝へ行くことにした。


IMG_2904

IMG_2906

IMG_2907

IMG_2908

淡路文化資料館入口付近の堀に咲くハス

IMG_3969

淡路文化会館 》公式サイト
     
IMG_2910

二階部分が歴史を感じる様相

IMG_2966

IMG_2967

潮騒の湯 》詳細

IMG_2968

洲本八幡神社 

 IMG_2969

IMG_2970

美しい随神門。

IMG_2971

IMG_2972

IMG_2973

IMG_2974

IMG_2975

美しい拝殿、たくさんの燈籠

IMG_2977

大阪中座の舞台だろうか? 狸の柴右衛門は2000年、それまで祀られていた大阪中座より里帰りしてこの洲本八幡神社に眠る。 》詳細(wiki)

IMG_2978

本殿

IMG_2979

稲荷神社

IMG_2980

 一つの祠に二つの添え書き

IMG_2981

IMG_2982

IMG_2984

本殿の右横に三柱。 天満宮、天照大神、太神社。

IMG_2985
 行儀の悪い車

これは 「金天閣」と呼ばれる建物で、寛永18年(1641)、阿波藩主蜂須賀至鎮は三熊山北麓の洲本城内に建てたとされ、江戸時代初期の書院造りの貴重な建物。
その名の謂れは天井に金箔が貼られている事である。 納戸構や違棚に打たれた蜂須賀家紋(左卍紋)入りの飾金具や間仕切欄間の意匠彫刻は江戸時代初期の特徴をよく示しており、県下に残存する数少ない殿舎建築。

        *・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜


パワースポット鮎屋の滝 》詳細

IMG_2986

IMG_2987

右に見える階段でいろんな角度から見れるようになっている。

IMG_2995

IMG_2996

IMG_2998

IMG_2999

IMG_3000

IMG_3001

IMG_3003

あわじ花山水に、もしやアジサイがまだ見れるかと行ってみたがすでに遅し、その帰路見たダム湖。 山間を走るドライブは心地よく、空気も清涼だった。


           平成26年7月15日 午前