IMG_3739

全国で唯一の造立当初の本尊が残っている国分寺。》詳細 》国分寺とは


IMG_3738

IMG_3740

IMG_3741

IMG_3742

収蔵庫

IMG_3743

IMG_3744

IMG_3745

IMG_3746

IMG_3747

IMG_3748

現存の心礎や礎石

        *

IMG_3752

IMG_3751

IMG_3750
 
IMG_3749

上田八幡神社の鳥居前にあった石段と方災除けの神・方違神社(ほうちがい-)

IMG_3753

IMG_3754

IMG_3755
 
拝殿にはガラスのドアや窓が施されていた。

IMG_3756

細工が美しい本殿

ここで神主さんだろうか私服のおじいさんからこのあたりの話を聞いた。 なぜ淡路に八幡さんが多いのか? その謂われを丁寧に話していただいた。 宇佐から石清水への道中であったとのこと。 そしてこの近くに重要な神社、この上田八幡神社のルーツがあるとの情報も得た。 のちに訪れる「赤井八幡神社」である。

創祀は859年浦壁赤井八幡鎮座の時と伝う。1199年栗原城城主島田氏浦壁赤井八幡神社を当地に移転建立。以来上田八幡神社と号す。 淡路最古の八幡社。

IMG_3757

神社境内の端にいきなり梵鐘

IMG_3758

覚住寺

淡路七福神霊場の一つで毘沙門天を祀る。 勇気と決断を授けるみ寺。 》詳細

IMG_3760

IMG_3762

IMG_3763

IMG_3764

IMG_3765

上田八幡神社と覚住寺は隣りあわせ

        *
IMG_3766

上田八幡から少し走ったところにあった案内図。 興味はそそるが先へ進むことに

IMG_3767

あの鳥居だきっと

IMG_3768

IMG_3769

道沿いのフェンスといい、この参道にもご覧のように...

IMG_3770
 
あかい八幡神社 》MAP 

IMG_3771

左手の風景

IMG_3773

IMG_3774

IMG_3775

出雲大神

IMG_3776
 
牛頭天王

大物がお二方。 この境内までの厳重な道のりは半端ではない。 上田八幡神社で聞いたとおり、この「赤井八幡神社」は、上田が淡路最古の八幡ということから、さらにその前ということ...重要な場所である。 

そしてこの道は論鶴羽山に向かうようだ、淡路の核心のひとつに近づいていた。 今回は踏みとどまることに。

IMG_3777

IMG_3778

2015年度に淡路最南端の沼島とともに訪れてみたいと思っている。


          平成26年8月11日