神戸ストリーム

From traditional light and darkness of Japan and the importance of nature from Kobe… / 日本の伝統的な明と暗、そして自然の大切さを神戸から… / © 2006 神戸ストリーム Corporation.

カテゴリ: 徳島

神山町神領に阿波の国の一宮がある四国の四つの県はそれぞれ四つの神が宿る伊予国(愛媛)と阿波国(徳島)は姫神讃岐国(香川)と土佐国(高知)は男神そのあたりの物語はこちらとこちらで読んでみてほしい通称は、大阿波さん、上一宮大栗神社に参拝する。御祭神は大宜都比 ...

神山町を西へ準絶滅危惧種に指定されている「ヒメシャガ」が見頃と聞く「四国山岳植物園 岳人の森」を目指す。雄躑躅(オンツツジ)・・・植物園において一際存在感を発揮していた。 緑の木々の陰に目が覚めるような赤、紀伊半島と四国、九州に生息するオンツツジ。 名の ...

この上ない快さ、精神がみるみるうちに癒されていくここはそんな素敵な場所だ神山町神領 字高根  高根山(こうねさん) 悲願寺  神山町HP「悲願寺」雨乞の滝から山道にて40分、車では林道経由でこのスロープにたどり着く。左に手水舎、右に常夜塔が見える。 雨乞の滝か ...

前日(5月20日)の室戸岬から一転徳島の中央、鮎喰川上流「神山町」に向かう「神山」という名にもそうだが、何より「邪馬台国・卑弥呼」にまつわる伝説を数多く残す地というのに強く惹かれた神山町観音滝・・・目指す日本の滝百選「雨乞の滝」へはいくつかの滝や渕を通過し ...

宍喰(ししくい)、インパクトのある地名だ徳島県の最南端にあるこの町で、旅の一日目を終えることにする町名の由来等、町の詳細はwikiを参照されたい20日夜の寝床になる「道の駅宍喰温泉」前の大手海岸。 八坂神社 宍喰のHPや散策地図によると日本三大祇園のひとつと記さ ...

平成25年5月20日 徳島に向かう充電の3ヵ年のほぼど真ん中、少し動いてみることにした前日の雨風の余韻の中、時折のぞく晴れ間に少しずつ旅気分は盛り上がってくる徳島から南へ、小松島を通りかかったとき右手の茂みの中に大きな銅像が見えた      *義経が小松島の ...

よく「うだつがあがらない」といった表現を耳にしますが、そのルーツとなったといわれている、徳島県美馬市の吉野川沿いにある脇町の「うだつの町並み」を訪ねました。「う だつの町並み」は、文化庁の「重要伝統的建造物群保存地区」の指定を受けているほか、建設省の「日本 ...

さて今月の四国遠征通信はこの回でおしまいです。 そんなに遠いという感じではなくて、高松市内や徳島市内、坂出や善通寺あたりまでなら十分日帰りで行け そうです。思い切って行ってみる、時間を思い切ってつくる。リフレッシュ休暇はそのあとの生産性を必ずアップさせてく ...

↑このページのトップヘ