日本古代のロマンの地、邪馬台国の地かと言われている巻向から山に入る。

前回の記録でも書いたが、右手に三輪山を望みながらひたすら山道を20分~30分登る、途中から案内板が現れるので、不安でも疑わず(笑)従おう。

食事の前にまずは笠山三法荒神へ


三法(仏・法・僧)、そしてかまどの神が鎮座、由緒などは⊳こちらでぞうぞ

兵庫県宝塚市の清荒神、奈良県吉野郡野迫川村の立里荒神と共に日本の三大荒神社となっている。荒れる神、その有名所はほとんどは関西に集中しているようだ。




 

SBCA0054
ここから続く裏参道の左右には灯篭がずらりと並ぶ。

 

SBCA0055
歩くこと数分で荒神様のお膝元に

 

SBCA0056
  

SBCA0057
奈良の都の中でも、神聖な場所のこの地域、なかでもひときわのパワースポットのようだ。


さて、少し遅いお昼をたっぷりのお蕎麦で
場所は笠山荒神の真ん前

笠そば



前回訪れた際の記録↓

 

SBCA0053

ざるそば 大800円→930円、超大盛りですよ。太さが違うところが奥様方の手仕事の証とご愛敬。

 

SBCA0052

梅とじそば 大900円→1040円、これもたっぷりの量。▲▶▼2020年追記*料金が上がっていますが、当然ですね、それよりもまだしっかりと続いているというのがうれしいです。また行こうぜひ。
ボリュームたっぷりのおいしい笠そば、正直あまり人が多くなってほしくない場所ではある。参拝をしてお蕎麦を食べて、地元朝取れ野菜を買って帰る。いいじゃない。

 

 

     2010年6月13日 参拝とお蕎麦 


奈良県大和郡山市 あじさい寺 矢田寺2010年6月13日行程MAP