堺と言えば、世界最大の古墳「仁徳天皇陵」があまりにも有名ですが、ここ最近では謎が謎を呼び新たな事実が飛び出すんじゃないかという噂で持ちきり です。 

教科書でもあまり紹介されなくなったようですし・・・ 仁徳天皇さん自身も実在か?架空の人物か?と学者の方々でも意見が別れているようです。でも、伝えられている情報ではすばらしく国民に愛され、また、国民に近しいリーダーだったとのことです。⊳なにわ大阪をつくった100人「仁徳天皇」

 

ぽかぽか天気の中、天皇陵を目指して行く。 

正面入り口に車は10台ぐらいはとめれるスペースがあります。が、門の前までしか行けず、そこから想 いを馳せるだけです。 

私は信仰はありませんが、かつての偉人、賢者、ヒーローには勝者敗者に関わらず同じ気持ちで、接したいと思っています。当ブログにおいて間違っている知識やピンとこない表現があるかもしれませんが、その場所に行って、この目と耳と、そして鼻からその空気を、体全体で「気」を感じた素直な表現です。

 

VFSH0034
この写真の手前にも低い柵があって、入ることができません。 神聖で張り詰めていて、かつ、やさしい空気が流れていました。

 

180度振り返り、右手を見ました。 

濠(ほり)がめぐらしてありその写真が↓です。

VFSH0033
そして、このまま道を挟んで、広大な大仙公園があります。 

まるでセントラルパークって感じの公園で、敷地内に「日本庭園」や「図書館」「堺市博物館」などが点在、ゆっくりと半日でも過ごせる素晴らしい公園です。 

 

■大仙公園周辺MAP

 

VFSH0045
歩いてるうちに見つけた「小西行長ゆかりの桜」、どうゆかりなのか? それは分らないんですが、なんとも情緒を感じる出で立ちじゃないですか? 今は満開なのかな?

今調べたら桜より松の方が有名なようで…⊳なにわ大阪をつくった100人「小西行長」

 

                                           2007年4月8日