かん袋?? 

これだけ聞いてると「何のこと?」ってのが本当の気持ちでしょう。 赤福餅の中の白玉団子に似たものを、やや抹茶の味のする秘伝のあん でくるんで食べる。というところから「くるみ餅」というネーミングは付いたそうです。

創業1329年(室町時代)。この「かん袋」という不思議な店名は、かの豊臣秀吉によって名づけられたという逸話をもつ堺の老舗店。 

 

かん袋の由来

 

VFSH0062
くるみ餅 336円

 

VFSH0063
 氷くるみ餅 336円 極めの細かいシェ-ブアイスがいい◎

 

VFSH0064
中はこうなっています。 こちらの「氷くるみ餅」がバランス良くてオススメ!。ダブルもありますが写真はシングルです。 

 

店舗はこんな感じ

VFSH0065
阪堺電車「寺地町駅」から徒歩3分、店の前にコインPがありますが、そこは×(いやらしくも営利的なにおい)お店の駐車場がその両脇にあります。店から出ると前方に「げこ亭」が見えます。

 

                                                             2007年4月8日 Oh My God!

 


株式会社かん袋
〒590-0964 
大阪府堺市堺区新在家町東1-2-1