🔷かん袋

創業1329年、なんと室町時代。

「かん袋」という不思議な店名は、豊臣秀吉によって名づけられたという堺の老舗店だ。メニューはくるみ餅、氷くるみ餅のみという頑固さ。

赤福餅の中の白玉団子に似たものを、やや抹茶の味のする秘伝のあんでくるんで食べる。というところから「くるみ餅」というネーミングは付いたようだ。


▼かん袋の由来

🔹裏ワザ!覚えやすいメールアドレスでEメール上級者の仲間入り! 
🔹じゃらん⊳料理、温泉、おもてなしクチコミで選んだ人気宿ランキング
🔹ネット予約でスーツケースレンタル!自宅に届いてラクラク返却!  

 

🔹くるみ餅

VFSH0062
くるみ餅336円<2007年当時>

⊳2023年追記今は400円

 

🔹氷くるみ餅

VFSH0063
336円<2007年当時>

極めの細かいシェ-ブアイスがいい◎、2023年現在400円

 

VFSH0064
こちらの「氷くるみ餅」がバランス良くて気に入った。ダブルもあるが写真はシングルです。 

 

VFSH0065
阪堺電車「寺地町駅」から徒歩3分、店の真ん前にコインPがあるが、そこは×(いやらしくも営利的なにおい)お店の駐車場がその両脇にちゃんとあるのでね。

店から出ると前方に「げこ亭」がある。



  2007å¹´4月8日 



この日の行程MAP


🔹【裏ワザ】覚えやすいメールアドレスでEメール上級者の仲間入り! 
🔹【じゃらん】料理、温泉、おもてなし…クチコミで選ばれた人気宿ランキング