葛城にある伝説

むかし、大和に大きな蛇が住み、三輪山を三重にとりまき、その尾は長尾までとどいた。三輪明神(桜井市)が頭で、長尾神社はその尾にあたると言われている。

また、竜が住んでいたともされ、竜王社(大和高田市)は竜の頭であり、長尾神社は竜の尾にあたるとされている。

そして堺市から来る竹内街道の起着点の地でもある。また同じく堺市から長尾街道という二上山の北麓経由の有名な街道の起着点でもある。ようするに要所だということだ。

『長尾神社』

 

SBCA0145
真新しい深紅の鳥居

SBCA0159
 

SBCA0146
鳥居の脇のカエルは「なで蛙」と呼ばれ、その頭をなでると、「無事帰る」「若返る」「お金が返る」「安産祈願」など願い事が叶うと言い伝えられている。

 

SBCA0158
もう一方は背中に子カエルが

 

SBCA0147
手水舎

 

SBCA0150
拝殿

SBCA0148
力強い狛犬、足首にアンクレット

 

SBCA0149
 

SBCA0149
丹後の新井崎神社のものとよく似た灯篭

  

SBCA0152
二つの本殿。 


御祭神に一柱、水光姫命(みひかりひめのみこと)は、豊かな吉野川の水を守られる水神であり、井戸の神様でもあります。 

もう一柱は その父親、白雲別命(しらくもわけのみこと)だ、天より降臨されたとされ、白雲は雨をもたらし、雷にもなるところから、この神は水の根源を現したものとさ れ、農耕をはじめさまざまな産業を守る神徳を持つという。 

 

SBCA0155
絵馬殿

 

SBCA0156
 

SBCA0154
格子戸の隙間から撮影

 

この記録を書いているときに、まぁいろいろ調べながら作っていくんですが、縦横斜めと、ずばーっと繋がることがよくある。 

それを偶然と呼ぶか、あ ちこち精力的に動いているから確立も高くなると見るか...は別として、今回もまさにそうだった。 

おどろいたことにこの長尾神社に祀られている水光姫命のご主人は丹後一之宮、元伊勢籠神社の海部氏の先祖だそうだ。どうりで丹後にある灯篭がここにもあるわけだ。

それは籠神社所蔵の国宝『勘注系図』を研究されている方のサイトで知り得たことなんだが。ほんとに驚きました。



興味のある方はリンク先↑を読んでみてください。抜け出せなくなっても知りませんが...結婚のお話はずいぶん下のほうです。

 

     2010年12月7日 参拝


二上山の裏と表 2010.12.07の行程MAP