2011年三尾(高雄・槇尾・栂尾)  今調べてみると、11/18~11/30が見頃だったとのこと、やはり数日見ごろはずれ込んだようだった。

このまま今回は周山街道を北に登り、清滝川と岩戸川の合流地点、小野郷の黄色の絨毯「岩戸落葉神社」を見て、京北町経由で丹波の山を見つつ大回りで神戸に戻ることにした。 


🔹岩戸落葉神社


🔹
【裏ワザ】覚えやすいメールアドレスでEメール上級者の仲間入り! 
🔹【じゃらん】料理、温泉、おもてなし…クチコミで選ばれた人気宿ランキング

 

画像 204

画像 229
岩戸落葉神社(いわとおちばじんじゃ)

仲間内では「らくよう神社」と呼ばれることが多いこの神社は、岩戸神社と落葉神社が仲良く肩を並べている。

清滝川と岩谷川が合流するこの地、それぞれが小野郷の上村と下村の産土神であった。

画像 206
岩戸神社と落葉神社、どちらが上にくることもなく鳥居の扁額にも横に並んでいる。よく見ると左側の文字に「東郷平八郎」の文字が見える。

画像 210


画像 211
本殿と舞殿と黄色の絨毯 

画像 218
苔むした手水舎

画像 212

画像 215

画像 214
立派な覆い屋の中に仲良く二社がある。 

画像 217
本殿に上がる石段と狛犬

画像 215
岩戸社(左)

祭神は

稚日女神(わかひめのかみ)
彌都波能賣神(みづはのめのかみ)
瀬織津比神(せおつひめのかみ) 

はっと気付いた、わが街の「生田」の神「稚日女神」がここに祀られている!

水の神「みづはのめのかみ」と謎の神「瀬織津姫」とともに。 


画像 214
落葉社(右)

御祭神は落葉姫命(おちばひめのみこと)とはどのようか神さまなのか調べがつかず、一説によるストーリーに気持ちを置こう。 

それは 源氏物語の中での話、朱雀天皇皇女こと落葉の宮は、柏木右衛門督に嫁ぐ。

だが、柏木は妹の女三の宮に恋慕する。のちに女三の宮は亡くなり、落葉の宮は母とともに 「小野の山里」に隠棲することとなった。

あともう一つの言われ、千年を超す歴史の「堕(おち)川神社」が、いつからか「落葉(おちば)神社」と呼ばれるように なったという説がある、どうもこちらが有力のようだ。 

画像 213
本殿裏に覆いかぶさるように磐座があり。その脇に祀られる「山神社」

祭神は大山祇神(おおやまつみのかみ)、大山咋神(おおやまくいのかみ)か?

画像 219

画像 220
稲荷社

祭神は
太田命(おおたのみこと)
福龍稲荷大明神 

画像 221
靖国社

関西ではあまり見かけないが、神額にある東堂さんの文字との関連もあるのだろうか 

画像 222
神明社 祭神は天照皇大神 

画像 223
太田社(太田神=猿田彦)、天神社(菅原道真)そして八幡社(応神天皇)とあるが、左の祠にはもう一つお部屋がある。どなたかがいらしゃるのでは?  

画像 224


画像 225

画像 226

画像 227

画像 230
年に一夜だけのライトアップ、その日は訪れた15日から5日後の20日だった。

その日の電力は伏見工業高校の生徒たちによる水力発電を利用したもので賄う。また、太鼓演奏の奉納や夜店が出るなど盛りたくさんで、次回はぜひその日に合わせて訪問してみたいものだ。⊳ライトアップの写真たち

    2011年11月15日 参拝



4週連続 京都の紅葉⑧ 2011.11.15日行程MAP


🔹【裏ワザ】覚えやすいメールアドレスでEメール上級者の仲間入り! 
🔹【じゃらん】料理、温泉、おもてなし…クチコミで選ばれた人気宿ランキング