旅 156
 

旅 155

旅 157
山門をくぐるとまっすぐ本堂に導かれる。 

元禄13年/1700年に徳川綱吉の生母桂昌院の寄進により再建。

本尊は生前の釈迦如来の面影を伝えているといわれる釈迦如来像(鎌倉時代/運慶作)

脇には木造 十一面千手観世音菩薩立像(平安時代)と愛染明王像(鎌倉時代末/慶派作)

 


 

旅 170
客殿 

本堂よりも古く江戸時代前期に移築された。当時は食堂と言われ、僧侶の生活や戒律の道場であった。左方に接近して建ち、本堂左後方と短い渡廊下↓で結ばれている。 


 旅 163
本堂側から客殿へのアプローチ。 

旅 166
 

旅 167
振り返り客殿側から本堂方向を見る。このような中庭にはあこがれる

 

旅 168
鐘だと思うんだが、城○槙尾山とあるが、二つ目の文字が読めない... 

旅 169
本堂「霊山鷲心(--しゅうしん)」の扁額。 

左端には「空海」とある。霊山とはある特定の場所ではなく、人の心における意識状態を示すものである。鷲のような心になる状態ということだろうか... 

 

旅 161
聖天堂

本堂に向かって右側にある聖天堂。「瓶子(へいし)」と「違い大根」の紋が左右にある。 


生駒聖天で有名な大和生駒山宝山寺の寺紋はこの二つが合わさったものだ。
⊳生駒聖天の寺紋 ⊳瓶子とは

 

旅 162
倍返りお守  

 

旅 158
本堂に向かって左手に灯篭が並んでいる、間違いなくここに誘導されていく 

 

旅 159
青もみじが寄り添う鐘楼

 

旅 160
中興の祖 鎌倉時代の我宝自性上人の歌碑と日本最古の槙(マキ)の木(樹齢700年)


白露のおのが姿をそのままに紅葉におけば紅の玉

歌碑の意味 
白露を紅葉の上に置くと、白露自体は何も変わらないのに、露本来の透き通る性質から紅の玉となって紅色に輝いている。

 

旅 164
宝篋印塔(本堂右手の庭)、後ろの土壁は歴史を感じさせる。

 

旅 165
宝物館か?収蔵庫? 本堂の右手の庭園の奥にある。

旅 171
阿育王石柱
 

旅 172
馬が三頭...

よく見たらインドの国章にそっくり! 
調べてみると非常に興味深い考察のサイトがあった↓

⊳京都西明寺「阿育王石柱」の謎を追う  

 

旅 173
このあたりの石畳はごらんのようにハイセンス。この先から、来た道を降りなくても「神護寺」に行くことができる。 

 

旅 174
西明寺を後にするところに小さな宝篋印塔?お墓?が立ち並ぶ。ここからは一旦下り坂になる。さぁ神護寺へ向かおう。

 

     2011年9月13日 拝観


大覚寺「観月の夕べ」と神護寺 2011.9.12-13行程MAP