愛読書『京都花の道をあるく』でも紹介されていた名所。



🔷法金剛院

律宗の寺院。山号は五位山。本尊は阿弥陀如来。境内に現存する浄土式庭園の一隅にある青女の瀧は日本最古の人工の滝とされており、国の特別名勝に指定されている。






🔹裏ワザ!覚えやすいメールアドレスでEメール上級者の仲間入り! 
🔹じゃらん⊳料理、温泉、おもてなしクチコミで選んだ人気宿ランキング
🔹スーツケースはレンタルする時代!【アールワイレンタル】



🔹表門

Image171
道に面してひっそりと表門がある。12日の土曜日からは早朝7時に開門するようなので是非早朝に行かれるといい。

Image182
まだ全体から言えば3~4分咲きといったところだろうか、でも咲いている花はどれも見事でため息ばかり。

Image184

質素な引き戸が開いていたので、失礼して撮影を。

本尊の阿弥陀如来坐像は院覚の作で蓮弁の彫刻は誠に豪華であり、かつて古くは平等院、法界寺のそれと共に、定朝 /じょうちょう の三阿弥陀ともいわれたという。

⊳院覚

院覚は定朝の曽孫、覚助の孫、院助の子で、十二世紀前半を代表する正系の仏師である。



⊳定朝

藤原道長、頼通などの貴族たちに重く用いられて,多くの仏像を手がけたが、現存するのは平等院鳳凰堂の阿弥陀如来像だけである。

寄木造(よせぎづくりの技法を用いて、当時の貴族の精神をよく表して整った、おだやかな作風は定朝(じょうちょう)様とよばれ、後世の仏像彫刻に大きな影響を与えた。



Image183
南側から庭園を望む。池の蓮は鉢の蓮より遅めの開花となる。 

礼堂の境内に座って美しい庭園を見ながら、心を落ち着かせてみた。

外行く車の音が気になるんだが、その音もしばらくすれば聞こえなくなり(気にならなくなり)木々、花々の息吹に集中することができたような気がする。 

出家後、余生をここで静かに過ごした待賢門院。絶代の美貌にあわせて、信仰心も深かった門院を慕い、法金剛院を訪れる人々の中には、かの西行法師もいたという。




  2008年7月8日 参拝



この日の行程MAP




🔹裏ワザ! 覚えやすいメールアドレスでEメール上級者の仲間入り! 
🔹じゃらん⊳料理、温泉、おもてなしクチコミで選ばれた人気宿ランキング
🔹スーツケース買うのはちょっと…という方はこちら