我々の先達は、荒廃と復興を繰り返しながらでさえ、そっと我々のこの時代にまで「美しき良きもの」を残してくれています。今は駅の前、そして大きな道に面して法金剛院の前に立つ。隣には大きな建物が立ち並ぶ。


それぞれの景観のリスクを木々たちが必死に隠してくれています。そしてそこには確かに「美しき良きもの」がありました。愛読書『京都花の道をあるく』でも紹介されていた名所へ。



関西花の寺第十三番 五位山・法金剛院

Image171
道に面してひっそりと表門があります。12日の土曜日からは早朝7時に開門するようです。是非早朝に行ってみてください。

Image182
まだ全体から言えば3~4分咲きといったところでしょうか、でも・咲いている花はどれも見事でため息ばかりでした。

Image184
質素な引き戸が開いていたので、ちょっと失礼して撮影を。本尊の「阿弥陀如来坐像」は*院覚の作で蓮弁の彫刻は誠に豪華であり、かつて古くは平等院・法界寺のそれと共に、**定朝(じょうちょう)の三阿弥陀ともいわれたという。


院覚
院覚は定朝の曽孫、覚助の孫、院助の子で、十二世紀前半を代表する正系の仏師である。

定朝
藤原道長、頼通などの貴族たちに重く用いられて,多くの仏像を手がけたが、現存するのは平等院鳳凰堂の阿弥陀如来像だけである。寄木造(よせぎづく)りの技法を用いて、当時の貴族の精神をよく表した整った、おだやかな作風は定朝(じょうちょう)様とよばれ、後世の仏像彫刻に大きな影響をあたえた。

            

律宗 唐招提寺に属している法金剛院の、礼堂の境内に座って美しい庭園を見ながら、心を落ち着かせてみた。外行く車の音が気になるんだけれど、その音もしばらくすれば聞こえなくなり(気にならなくなり)木々、花々の息吹に集中することができました。 


出家後、余生をここで静かに過ごした待賢門院。絶代の美貌にあわせて、信仰心も深かった門院を慕い、法金剛院を訪れる人々の中には、かの歌僧西行法師もいたという。


Image183
南側から庭園を望む。池の蓮は鉢の蓮より遅めの開花となるようです。 


                  2008年7月8日 参拝



五位山 法金剛院(ほうこんごういん) 京都府京都市右京区花園扇野町49   
JR山陰線「花園駅」下車 徒歩3分
市バス91,92,93系統「花園扇野町」下車すぐ
京都バス61,62,63,65系統「花園駅前」下車徒歩3分
駐車場 あり(無料)  料金 拝観400円 
営業時間 9~16時 休業日 無休

7月の京都 花の寺を歩く行程MAP