紫陽花に歩き、ホタルに夢遊した

六月の宇治の旅


もうひとつの側面

旅の食彩



宇治 伊藤久右衛門 本店

平等院、宇治上神社から徒歩圏内、この日は気温も上がり、オアシスのような場所でした。店内に漂うお茶の香りが心地よく、待つこと数分で席を用意していただきました。


Image185

Image186
577円(お茶の葉の佃煮付き)▲▶▼2020追記/577円→890円になってました


行楽地のそばとしては、良心的なお値段。 お味も、まぁイメージほど「お茶」の香りはしませんでしたが、薄味でおいしくいただきました。いろんなお茶を配したパフェ・メニューがいい。 



夜は一転、こてこてな食事をいただきました。宿の近くだということもあって、即決

ぐるナビでクーポンをゲット、どっぷりと



韓国サムギョプサル専門店 べジデジや深草本店

斜めの鉄板で焼いた豚肉、キムチ、もやしをサンチュで味噌、ネギなどとを包んで食べるアレです。なんでも雑誌「HANAKO」でグルメ準グランプリに選ばれたそう。

Image193
焼き始め前の斜めの鉄板

カプサイシンとにんにく、そして豚肉を取りたかったので、野菜(べジ)と豚肉〈デジ〉とビールをいただいて開放的な夜を過ごしました。エネルギー補給完了でした。