鳳凰堂から宇治神社へ向う途中。宇治川を渡る橋のたもとにひっそりと咲いていたかわいい紫の花、おそらくキキョウ科のプラティアという花だと思う。

Image177

🔷宇治神社 本殿が国の重要文化財


元は宇治上神社と同じだったが明治維新後に分かれたという。なぜ? 

本流と支流に分けるためだろうか? 父の応神天皇に次の天皇と指名された「莵道稚郎子(うじのわきいらつこ)は自害までして、兄に即位を譲る話は美談として扱われているのに。そして兄は即位して仁徳天皇となる。

Image179
応仁天皇の末の皇子「莵道稚郎子(うじのわきいらつこ)が祀られている。また、パワースポットでもあるという話、HPの境内図にも記されている。

なぜか世界遺産の宇治上神社よりこちらに気が行くのは私だけだろうか?

🔹【裏ワザ】覚えやすいメールアドレスでEメール上級者の仲間入り! 
🔹【じゃらん】料理、温泉、おもてなし…クチコミで選ばれた人気宿ランキング
🔹  ネット予約でスーツケースレンタル!自宅に届いてラクラク返却!  


Image180

世界遺産 国宝 宇治上神社  
正式名称は「宇治離宮明神」

菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)応神天皇仁徳天皇を祀る。本殿は日本最古の神社建築。



Image181
緑の木々が清涼感を、門を入った先に例の「立砂」が。その後ろが拝殿(国宝)だ。


例の立砂とは↑これのこと


Image183
拝殿(国宝)本殿側から振り返って撮った。鎌倉時代前期の宇治離宮を移築したものといわれ、神殿造の趣きを伝えている。

Image182
本殿(国宝)

覆屋(おおいや)の中に、一間社流造(いっけんしゃながれづくり)の三つの内殿があり、三神を祀っている。

推定では平安時代後期のもので神社建築として日本最古。覆屋は内殿を保護するために、鎌倉時代に造られたものと考えられてる。

この本殿のスタイルどこかで見たことがある!そうだ「姫路・廣宮神社の敷地内・摂社 天祖父社」が良く似ている。↓のブログに摂社 天祖父社がある


本殿右隣に意味ありげな大きな岩があって、藤原氏ゆかりの春日神社の摂社があった。その横には厳島社、香椎社、住吉社と並ぶ。


Image184
宇治七名水「桐原水」が今も湧き出てる。宇治七名水、そして七銘茶というのもあった。ここではじわ~っと何かエネルギーを感じた気がした。

境内の素朴さも居心地のよさを誘引しているのでしょう。本殿前に立つとおのずと気持ちが引き締まる。

また、本殿左手には稲荷社が、そして調べがつかない「武本大神」なる稲荷社もあり、なにかに引かれるように石段を山の方へ少し登ってみた。やはりここも後ろに仏徳山、向って右手に平等院の山号でもある朝日山とがあって神秘的なムードだった。

このあとは源氏物語ミュージアムに行き、熱さもしっかりと凌いで、夕刻を待って宇治側上流・宵待橋付近の名所にて「ホタル鑑賞」を楽しんだ。




    2008年6月10日 参拝




🔹【裏ワザ】覚えやすいメールアドレスでEメール上級者の仲間入り! 
🔹【じゃらん】料理、温泉、おもてなし…クチコミで選ばれた人気宿ランキング