間人 城島(しろしま) 


日本海に向けてこぶのようにあるこの島は、間人の人の古くから遊び場として親しまれてきた場所。古くは足利時代の武将 荒川武蔵守知時は、天正年間に城島へ居城を構え、漁業を領民に奨励したと言われている。 

この付近は本間人とも呼ばれ、隣接する小間(コマ)漁港は間人で最も古い漁港だ。まさに間人の肝と言える場所ですね。早朝の参拝、散歩はこの城島に決めた。  

SBCA0063
10.05.6:03

SBCA0064

SBCA0066
島に渡る橋の手前にて 

 

SBCA0067
三嶋神社 水天宮 かすかに朝日を浴びている鳥居が美しい。 

SBCA0068
城島の遊歩道で島の最先端に来てみた。東映の映画の最初に出てくる映像を思い出す絵だ。専門的には波食台といわれるこのような地形が間人港まで約1km続く。 

SBCA0069

城島の早朝散歩、地元の人たちの釣りの様子を眺めつつ車に戻り、元伊勢の声を挙げている「竹野神社」へ向おう。

SBCA0070
竹野と書いて「たかの」と呼ぶ、海水浴で有名な竹野(たけの)は兵庫県、ここから西へ約30km

竹野神社(たかの-)丹後三宮


SBCA0072


社伝によれば、垂仁天皇に仕えた丹波の大県主由碁理の娘 竹野媛が、晩年竹野に戻り天照皇大神を祀ったのが竹野神社の始まりだという。

SBCA0071

SBCA0086
石柱の横にあるのぼりにある「斎宮(いつきのみや)神社」は鬼退治の麻呂子親王(聖徳太子の異母弟)が祀られている。車を降りて感じた「ここは空気が違う」と。良いも悪いもわからないけれど...

 

SBCA0073
風化が激しい狛犬 

SBCA0074

丹後ではよく見られる前傾姿勢の狛犬 

 

SBCA0075

SBCA0076
神門(中門とも呼ばれる)

奥に見える拝殿にはブルーシートが。

 

SBCA0079

SBCA0080
本殿(一間社流造)御祭神 天照皇大神

SBCA0083

皇室の「菊家紋」と、かつては天皇、将軍家の家紋「丸に五三の桐」上部には鶏。

  

SBCA0085
本殿右側に謎?の彫り物が 、目から光線?

SBCA0077

SBCA0078
 

SBCA0081
本殿に向って右側にある「斎宮(いつきのみや)神社」 御祭神 竹野媛命

 

SBCA0084
竹野姫のところは「りす」と「ぶどう?」の彫り物、そして頑丈な鍵。

 

      2010年10月5日 参拝


10月の京都 丹後半島を一周する 2010.10.04-05 5日の行程MAP