ブナハウスをあとにして大宮町延利(のぶとし)から岩滝に下る。国道178を伊根方面へ、国分で左に山を上がって行く。

西国二十八番札所 『成相山 成相寺』   



成相寺には「撞かずの鐘」「身代わり観音」などの伝説でも知られている。

山頂へは天の橋立を眺めながらケーブルカーと登山バスを乗り継いで傘松公園より上ることも出来る。


西国札所最北端の成相寺は、慶雲元年/702年、真応上人による開基、そして文武天皇の勅願寺だ。秘仏の本尊は50cmほどで美人観音と呼ばれている。


SBCA0096
駐車場から先ず目につくのが、悲しい伝説の「撞かずの鐘」 

 

SBCA0097
撞かずの鐘伝説

 

SBCA0098
石段と本堂。 

 

SBCA0099
一願一言地蔵(約600年以上前に造られた)

本堂に上がる少し手前にある。この地蔵にただ一つの願いを一言でお願いすれば、どんなことでも必ず叶えてくれると伝えられている霊験あらたかな地蔵。また、安楽ポックリの往生も叶えられるということだが。

 

SBCA0100
荘厳な本堂。 

 

SBCA0103
天井や梁の彫り物が素晴らしい

SBCA0104

 

SBCA0105
本堂前に掲げられていた表示。 

この日は幸いにも普段は未公開の秘仏「不動明王図」「蔵王金現像」「軍茶利明王像」とが公開されていました。初めての公開とのこと、あ~ありがたや。

 

SBCA0101
手水舎として使われている重要文化財の鉄湯船(鋳物師山河貞清作 / 鎌倉時代)  

SBCA0102

この成相寺はシャクナゲ寺としても有名で。さくらが終わったあと5月いっぱいは美しいという。

そして何よりも有名なのは「日本一」の呼び声が高い山頂の「パノラマ展望台」だ。山頂までの道路は整備が悪く、要注意だが上がる価値は有り。

↓の観光協会のサイトで動画で見ることができます。


 

SBCA0111

SBCA0107

SBCA0116
天橋立を望む

 

SBCA0112

SBCA0109
栗田半島を望む。

パノラマの細長い大きなMAPがあったので撮ってみた。あまり長いので2枚に分かれています。参考までに

 

SBCA0118
宮津湾と天橋立方面 

SBCA0119

パノラマの左側、栗田半島あたり 

 

SBCA0120
ここにも傘松公園と同じ「かわらけなげ」、私は見事に真ん中を通過!

とにもかくにも絶景です。で、貸切だった。傘松公園のそれよりも遠いところに天橋立がありますが、展望台としては、みなさんの言うとおり、まさにトップレベルでしょう。

入山料500円で帰りの売店でのドリンクサービスもついて、一粒で3度おいしい成相寺です。

 

      2010年9月7日 絶景かな


9月の京都 宮津と京丹後 2010.9.7行程MAP