玄住庵

芭蕉が「奥の細道」から帰られ
8月に訪れた「大垣市」の奥の細道終焉の地から近江に来られたのだろう



奥の細道終焉の地の記録↑

そして4ヶ月をこの場所で過ごされたという
現在の建物は3代目で、その周辺もかつての「ふるさと創生基金」にて整備されたと聞いた
庵からは琵琶湖は見えずらいけれど当時はしっかりと望めたに違いない 

SBCA0010
無料駐車場に停めて、短冊に書かれた子供たちの書いた俳句を見ながら石段を登る

 

SBCA0011
幽玄な世界、夜に灯りなどが入ればきっと美しいに違いない

 

SBCA0015
中腹にある「とくとくの清水」

 

SBCA0016
 

SBCA0013
かつてあった場所よりさらに高いところに今の玄住庵はある。質素でいて贅沢な場所。

 

SBCA0014
庵の縁側に座って入り口を見る。 美しい!
玄住庵は、近江の門人で膳所藩士の菅沼曲水の叔父玄寿老人が住んでいた庵を補修したもの。

芭蕉はここでの生活や眺望を心から愛し、その日々の暮らしや俳諧道への心境を綴ったのが
「幻住庵記」で「奥の細道」と並ぶ傑作と言われる。⊳このサイトで現代語訳で読むことができます
            

最後に子供たちの詠んだ俳句のひとつを紹介しましょう

 

SBCA0017
ごもっとも。

 

          2009年11月23日 勤労感謝

 

玄住庵

JR石山駅からバス国分町下車徒歩5分
AM9:30~PM4:30 月休(祝日の場合はその翌日)
入場無料 駐車場無料 

  11月の滋賀 大津の紅葉を観る 2009.11.23-24 初日23日の行程MAP