芹川


調べれば、それはそれは、有名なスポットでした。

河口は釣り人や渡り鳥観察(冬)


川沿いに上って、池州橋~後三条橋~芹橋までは並木道で

コゲラやシジュウガラ、ヒヨドリなどの野鳥が飛びまわるという

(琵琶湖から数えて3番目が池州橋)



ナウマンゾウが発掘されたこの河川流域

その美しさから万葉集にも詠まれていたのです

国道307から左折すれば一面の田園とそばの花が

Image234

Image230

Image231
ガードレール脇に車を止めて降りれる場所を探して川岸まで行きました。太陽がさんさんと照らしてくれるので「水」が七色に変化しました。

Image232
5m先には信じられないくらいのコバルトブルーもあった。


Image233
付近には彼岸花も咲いていていっそう神秘的でした。

このエリアは少し奥にある「河内の風穴」また、芹川ダム周辺の「県立野鳥の森センター」などと見どころは多い。



写真では実際の感動の数分の一しか伝わらないと思います。水の美しさは言うまでもなく、自然のままの植物たちも際立っています。


彦根インターから20分で来れるんですから、ここだけを目指して行く価値もありですが。お伊勢さんのお母さん 多賀大社でお参りもしてくださいね。おしゃもじ買って、いちきりもちを食べて...



Image236

いちきりもち

この日は多賀大社の九月古例祭。かわいいお馬ちゃんと神輿、次回をお楽しみに


                  平成20年9月9日参拝