初日は途中から光秀の目線なるものが、やけに気になりだして、旅の二日目は「坂本城あと」を見に行って、琵琶湖を眺めてみようと思いながら、きょうの宿 へ。 

滋賀、京都観光には交通の便のいいブライトンシティホテル山科へ止まる。京都へも一駅、大津へも一駅でいける立地にあって朝食のバイキングが ナイスなビジネスホテル。<2021年追記▲▶▼2018年9月で閉館したそう、寂しい>

後で調べたら光秀が秀吉軍に破れ、坂本に戻る途中、山賊の槍に倒れたのも山科らしく、なにか複雑な気持ちでチェックインをすませ、一息入れて町へ出ることにした。

ほどなく気になる立ち飲み屋を発見!女の子が2人できりもりをして いる6~7人でいっぱいの店。2人でビール×3、突き出し×2、アジフライ、チーズ、大盛りウイスキー しめて1900円! ワオ! 写真は飲んだ後なんで手が揺れて揺れて(笑)

VFSH0118
立ち呑屋 也(なり)<2020年今検索したらまだあった、うれしい>

旅でのその土地の人の話を聞くことは楽しくて大好き、この日も刺激的な話を聞くことができた。ここで偶然に横にいた歴史に詳しい おじさんが言うには、こうだ。


  「延暦寺の焼き討ちのときに、数人のお坊さんが宝物をこっそり運び出し
   その宝物は坂本城ちかくの寺に今もねむってるねんでー」

                    立ち飲み屋で出会ったおじさん


場所はまさに二日目に行こうとしている場所の近くだ。

いい気分のまま紹介された「炭火工房KANAZAWA」へ、ここもゴキゲンなお店。JAZZのDVDを見ながら焼き鳥をいただいて幸せな気分。塩焼きが主体の焼き鳥もおいしく、飲んだあとの焼き鳥丼とスープが特に◎ その上、値段も3千円そこそこでリーズナブル。

移動せずにホテル周辺で楽しめて体力温存、でも深酒(笑)、、、

VFSH0117
炭火工房 KANAZAWA <こちらはHPがヒットしない、まだあればいいが>


●立ち呑屋 也(なり)

京都市山科区竹鼻竹ノ街道町49-1

●炭火工房 KANAZAWA
京都市山科区安朱北屋敷町11-1


滋賀坂本の旅 2006 行程MAP


🔹【裏ワザ】覚えやすいメールアドレスでEメール上級者の仲間入り! 
🔹【じゃらん】料理、温泉、おもてなし…クチコミで選ばれた人気宿ランキング