前回(2010.12月22日 雨)と同じく250号線を西へ、相生方面に走る。今回は快晴、最高の湾岸ドライブを楽しむ。 

大浦海水浴場<2021年2月現在閉鎖>を過ぎ、松が生い 茂る半島「赤松鼻」そして次の大きな半島が万葉岬」枝道が現れて、そこに「←万葉岬こちら」という立て札に惹かれて登ってみた。 

小さくとも道案 内は書いておくものだ。「万葉の岬」正式な名前は「金ヶ崎」という。展望台脇には「ホテル万葉岬」もある。 もうここは相生市。

 

龍野市01.04-5 070
太陽と海

龍野市01.04-5 071

龍野市01.04-5 069

龍野市01.04-5 072

龍野市01.04-5 073
逆光で見ずらいが、おじいさんとかわいい犬。このじいさんはハーモニカをわんちゃんに聴かせていた。そっといっしょに2曲ほど聴かせてもらった。いい時間だったな 

晴れの日はよくここに来るという幸せそうな二人だった、いや一人と一匹だ。

この金ヶ崎あたりから西が「鰯浜(いわしはま)エリア」。播磨の牡蠣としてはブランドの地域だ。

走ることわずかで、国道から祠と赤い椿が見えたので、Uターンして少し寄ってみることに... 

 

龍野市01.04-5 075
この赤い花が道から見えたのだ。張られているしめ縄をくぐって上がってみた 

 

龍野市01.04-5 077
鰯浜(いわしはま)荒神社 

荒神信仰は瀬戸内海周辺に多く見られる。その土地々々の守り神の役割を持つ。

 

龍野市01.04-5 076
昭和天皇陛下と皇后様の写真があった。昭和6年/1931年とある、この年は私の父の生まれた年だ。


🔹少し足をのばして、かつて一大ブームを巻き起こした「ど根性大根・大ちゃん」の一部を奉納しているという相生市那波野にある西法寺に行ってみた。


龍野市01.04-5 078
西法寺

この表門はかつての赤穂藩主 浅野家の若狭野陣屋に使われていたものを移築したという。⊳若狭野陣屋、ど根性大根の記事

 

龍野市01.04-5 079
ど根性大根の墓? 

 

龍野市01.04-5 080
屋根に奇妙な動物、興味はあるのだが、西法寺自体の情報が少ないようです。どうしても「ど根性大根」が目立ってしまうのでしょう。

引き返し、たつの市に戻り、揖保川沿いを遡る晴天のドライブ。蛍と古墳の町「新宮町」そして播磨の国の一宮「伊和神社」までの記録、それは次回と次々回のお話。

 

     2011年1月5日 晴天

 
続たつの市をゆく 2011.1.5の行程MAP