行基が開いた摂播五泊(5つの港)のうちのひとつ、歴史深き「室津」に行ってみよう。250号線を相生に向かって海岸線を走る。神戸市の長田起点のこの国道は岡山まで続いている。

摂播五泊とは
河尻(尼崎)、大輪田(兵庫)、魚住(明石) 、韓(姫路)、室津の五泊です。 


SBCA0028
250号線のハイライト「七曲り」の海岸線を少し手前から撮影

 

SBCA0036
 

SBCA0031
国道から室津港を見る 


                

室津の町。参勤交代にこの港に着いた大名たちは室津の6つの本陣に陣を置いたというが、今は一軒も残っていない。 

本陣が6軒あったのは、全国で箱根と室津のみであったという。やはり絶世の美女「室君」がいた遊郭が花だったのだろう。

江戸時代に遊郭が公に許されたのは、江戸の吉原、京の島原、長崎の丸山、室津など25カ所であった。

伝説の美女の「室君」遊女の元祖「友君」のこと。そして「お夏と清十郎」の話などが語り継がれている。⊳室津街道(室津のすべてがわかるサイトです)

 

SBCA0039
毘沙門天で有名な見性寺の二階建ての山門が芸術的。

 

SBCA0037
赤松則村足利尊氏との密談の場所とある

 

SBCA0038
ご本尊は3月17日~21日の間のみ公開される。この見性寺は室君(遊女)が建てた5カ精舎の一つといわれている。

⊳室津街道(室津のすべてがわかるサイトです)を読んでみてください「室津」にきっと興味を持たれることだと...

「室津」後編はこの室津にある賀茂神社への参拝です。

  

     2010年12月21日 室津にて


たつの市をゆく 2010.12.21の行程MAP