戦前に建築された古い木造平屋作りの駅舎は「男はつらいよ」シリーズの最終作となった「男はつらいよ 寅次郎紅の花」の冒頭のシーンに登場す。

駅前には映画の撮影が行われたことを記念した碑も建てられているて、待合室には写真が飾られている。そしてこの駅舎は2008年11月に登録有形文化財に登録された。


この駅は現在では地元の人々が駅運営委員会を作り、清掃、花壇の手入れなどの管理をしているという。

一時、取り壊しの話もあったそうだが、地元の人々の熱心な運動で保存が実現している。


昭和3年/1928年に建てられた『美作滝尾駅』で素敵な朝の時間をすごした...

来てよかった。

 

旅 100

旅 099

旅 101

旅 102
「男はつらいよ」ロケ記念碑。きれいに草花が手入れされている。 

旅 103
駅舎のドアを手で開いて真正面の改札口を見る。朝日が差し込んで、なんともおだやかな気持ちになった。
 

旅 104
待合室の壁には数枚のロケシーンの写真が掛かっている

旅 105
↑の写真の寅さんの目線に近いかな
 

旅 106
計量器とリヤカー

旅 109
今は無人駅なんだけれど、駅長室はそのまま、日々の業務を思わせるように。

 

旅 107
なつかしい感じのホーム

このベンチに座って、朝ごはんを食べさせてもらった(笑)。

その間しばらく電車の旅の気分を空想してみた...今ここで聞こえるのは鳥のさえずりだけ、線路脇には野菜畑がありおばさんが一人作業をしておられた。 

 

旅 108
これがベンチからの私の目線

 

     2011年3月22日 朝のまどろみ


勝間田と津山市 2011.3.21-22の行程MAP