旅 024
信長公の側近として本能寺において殉死した森欄丸の弟が津山藩主となり、そののち二代目藩主森長継が明暦年間(1655-1658)に京都から作庭師を招いて築いたとされる。

現存しているのは当時の三分の一というものらしいが、無料はうれしい限りだ。

先月に訪れた岡山市内の「後楽園」と比べることはできないが、津山の歴史上、重要な場所と言うことには違いない。


 

旅 023

旅 026
 

旅 027

旅 028

余芳閣 迎賓館

御対面所であり藩主の隠居所。 

 

旅 029
⊳山口誓子とは


旅 031

 

旅 032
緊張感のある橋

 

旅 033
これはこだわりの橋と「ことじ灯篭」 

ことじ灯篭とは、足が二股になっていて、 ちょうど琴の糸をささえる琴柱に似ているので、その名前がついた。

 

旅 034
改修が行われたところの茶室「風月軒」

 

旅 036
水面ぎりぎりの松と苔むした橋。 

園内には大きな枝垂れ桜もあり、今の季節は賑わっていることだろう。そして夏には睡蓮や蓮が花開くという。駐車場は公園入り口前に10台ほど。

津山といえば「ホルモンうどん」、B級グルメの大会では毎年上位に名を連ねるほどの人気だ。

現地で聞いた一番の店は、あいにく祝日は早しまいということで、4代続いている一番の老舗食堂に行って来た。⊳B-1グランプリ オフィシャル・サイト

 

旅 052
橋野食堂 創業120年 

 

旅 051
ホルモンうどん720円
▲▶▼2021年追記
値段は790円、二玉で890円、あmたホルモンそばなんかもありますね。 

ホルモンはジューシーで◎、味は甘辛、全体としてはお約束ということで...。 

「津山ホルモンうどん地図」というものが案内所や役所等で入手できる。主な観光ならそのMAPがちょうどいい。⊳ネット版・ホルモンうどんマップ

 

     2011年3月21日


勝間田と津山市 2011.3.21-22の行程MAP