大社の東側にある摂社を訪ねてみた。

IMG_0432
四の鳥居前の東西の道、社家通りを東へすぐ北島国造館がある。



 

IMG_0423

🔹命主社/いのちのぬしのやしろ

正式な名称は「神魂伊能知奴志神社(かみむすびいのちぬしのかみのやしろ)

祭神は天地開闢(世界のはじまり)の造化三神の一柱、神皇産霊神(かみむすびのかみ)



IMG_0424

IMG_0426

IMG_0429
命主社の推定樹齢1000年といわれるムクの巨木。根元に咲く花はつわぶき 
⊳ここ写真キレイ

IMG_0428

IMG_0425
真名井遺跡

この摂社のある地域を真名井という。そしてここが、他に例がない青銅の武器形祭器と勾玉が一緒に出土した遺跡である。また真名井といえば丹後の真名井神社を想う。

IMG_0431
命主社にいた猫ちゃん、カメラ目線      

歩くこと数分

IMG_0421
真名井の清水

IMG_0422
祭神は弥都波能売みづはのめのかみ

そしてこのすぐ横に「さがし物の神様」がいらっしゃる!

IMG_0509
さがし物の神様「真名井の若宮さま」 

もちろん参拝、無くしたものが見つかるようお願いしたよ。このあたりの南側は出雲の森と言われている。北の山々は真ん中に八雲山、左に鶴山、右に亀山が並ぶ。⊳MAP 


🔹乙見社/おとみのやしろ

真名井から南へ、国道431を渡り、堀川に架かる乙見橋を渡ったあたり。

民家のそばの空き地にポツンとある祠が美女で誉れの高い下照比賣(シタテルヒメ)を祀る乙見社だ。

IMG_0510

IMG_0511
乙見社/おとみのやしろ (大穴持御子玉江神社)

祭神の下照比賣(シタテルヒメ)、母は宗像三女神の長女「田霧姫/たきりひめ」そうあの厳しい立ち入り状況の沖ノ島にいらっしゃる女神である。

この旅のあとに行くことが決まっている厳島神社はつとに有名。そしてシタテルヒメの兄はあの賀茂氏の祖先である。  


🔹出雲井社 

次に向かう摂社は「出雲井社」乙見社から東へ約200m、国道431を渡り北へ上がる。生活道路の途中にあるから少し見つけにくい場所だ。       

IMG_0512
見ると桜の木が剪定されている。

IMG_0513

IMG_0514
⊳祭神の「岐の神/くなとのかみ」とは

     2013年12月16日 参拝




🔹【裏ワザ】覚えやすいメールアドレスでEメール上級者の仲間入り! 
🔹【じゃらん】料理、温泉、おもてなし…クチコミで選ばれた人気宿ランキング