石屋神社
より海岸線・国道28号線を南下、淡路公園には今回は立ち寄らず、久留麻を目指す。 

IMG_2777
 美しき参道は西念寺

まずは松帆神社へ、ここは楠公さんの守護神が祀られているとのこと。

IMG_2754

IMG_2755

IMG_2756
猿田彦社

IMG_2757

IMG_2758
左より庖瘡社(病厄除け/山末大主神)、金刀比羅社、祖霊社(地主神)

IMG_2759
学問の神・菅原道真公

IMG_2760

IMG_2761
狛犬ならぬ、狛贔屓(-ひいき) みかけは亀だが、龍の子供と言われている。

IMG_2762
結界が張られている

IMG_2763
ご祭神 応神天皇 神功皇后 仲哀天皇 

IMG_2764
 
IMG_2765
淡路の神社には鈴を鳴らすしめ縄が二本のものが多かった。

IMG_2768
拝殿裏に回り本殿を

IMG_2766
松尾社

IMG_2767
仁徳天皇

IMG_2769
宇治皇子社 仁德天皇に皇位を讓る爲、自ら命を絶った菟道稚郞子(うじのわきいらつこ)皇子のこと。

IMG_2770
高良社 日本に尽力した渡来人を祀るとも、時に武内宿禰を祀るともいわれるが。、ここの資料はなし。

IMG_2771

IMG_2772
橘の家紋

IMG_2773

IMG_2774

IMG_2775


IMG_2777
【真言宗大覚寺派】西念寺 桜の名所で名を馳せているようだ、この日は緑美しく、この参道に引き込まれるように境内へ足を運んだ。 ご住職だろうか、どうぞこちらへ、どちらからお越しで? とフレンドリーな空気が流れた。 そうこうしているうちに奥様が冷たいお茶と和菓子を持ってきてくれた。 恐縮の中しばしのリラックスタイムだった。 

IMG_2776
めぐりめぐりくる世の忘れるにて 四百四病は絶えてあとなし  》四百四病 【しひゃくしびょう】とは

しっかりと病魔克服に手を合わせ、また旅の安全を祈願いたしました。 

        
    *・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜*・゜゚・*:.。..。.:*・゜ 


IMG_2779
伊勢久留麻神社 MAP 

IMG_2780
津名郡の大社・伊弉諾神宮と三原郡の大社・大和大國魂神社に次ぐということだろう

 IMG_2781

IMG_2782

IMG_2783

ここにも楠公さんの絵があった。なぜに淡路島と楠公さん?

楠木正成は自決する前に家臣吉川弥六に身に着けいたお守りの八幡大神の神璽を託しました。吉川弥六は命楠木正成の命令通り、御守りを持って湊川の戦場より逃れ、神璽を首にかけ、仲間数人と夜陰に乗じて海路淡路島に落ちのびました。

弥六達は潜伏を続けながら楠本の山中に小祠を建て八幡大神を祀る一方で楠本を開拓し一帯を楠木正成にちなんで楠木村と呼ぶことにした。これが後に楠本(くすもと)村と改められ、現在の淡路市楠本となったそうです。

IMG_2784

IMG_2785
 愛宕さんと弁天さん? 火と水の神の共存。

IMG_2786
垣に囲まれた本殿。 祭神は、大日孁貴尊。別名、来馬大明神。あるいは、伊勢明神。ようするにアマテラス。

IMG_2787
大切に覆われた石燈籠。

NHKでも取り上げられたこの神社、 「太陽の道、緯度34度32分に関する紹介」というものがある。それは大和箸墓古墳を中心に、東西に二つの伊勢が存在し、34度32分の緯線上に日神信仰の聖地が並んでいるというもの。 西に大島神社、伊勢久留麻神社、舟木石上神社、東に長谷寺、室生寺、二上山、三輪山、伊勢神宮斎宮となっている。 



                 平成26年7月14日 参拝