明神岬から海岸沿い31号線を北上、江井岬に差し掛かるころ道の左手に「↑平見神社」とある。見事な誘いっぷりにハンドルを切った。⊳MAP

🔹【裏ワザ】覚えやすいメールアドレスでEメール上級者の仲間入り! 
🔹【じゃらん】料理、温泉、おもてなし…クチコミで選ばれた人気宿ランキング


🔹平見山 法華寺
IMG_3306
法華寺山門

平見神社への坂道を上り、車を停めるとまず目に入るのが趣のある山門(江戸時代、藩主蜂須賀邸の門であった。)淡路島13仏霊場「平見山 法華寺」である。



IMG_3325

IMG_3304

IMG_3305

IMG_3307

IMG_3308

IMG_3310
大勢至とはご本尊「勢至菩薩」のこと。




IMG_3309
薬師堂


🔹平見神社

法華寺の境内に隣接するように平見神社がある。



IMG_3324

IMG_3311

IMG_3312
 クリックで拡大

IMG_3313

IMG_3315

IMG_3320
本殿

IMG_3316
 
IMG_3317
 
IMG_3318

IMG_3319
境内社の詳細は不明だが、由緒にもあるように奈良・石上神宮との繋がりがあるようだ。調べてみれば石上神宮→岩上神社→平見神社という流れのようだ。




あと気が付いたのが鳥居を支える亀のこと。たいへん珍しいものだ。

贔屓
中国の伝説上の生きもので龍の子供「贔屓/ひき」贔屓は「重いものを背負うのが大好き」という謎の性質を持っていて、贔屓が背負うものは永遠不滅とされるため、昔から石碑や石柱の土台の装飾として使われていたそうだ、阪神大震災でこの鳥居は無事だった。

IMG_3321

IMG_3322

IMG_3323

IMG_3326
プレートが欠け落ちていたが、きっと西国八十八~とあったのだろう

IMG_3327
庚申堂もやはり奈良ゆかりのものだろう 



亀が支える鳥居と、法華寺から多賀の浜を見下ろす絶景。江戸時代「淡路の富の七割が江井にある」と云われるほど繁栄したといい、線香造りは、現在は全国一の生産量を誇るという。

     2014年7月16日 夕刻参拝


平見神社と法華寺 2014.7.16


🔹【裏ワザ】覚えやすいメールアドレスでEメール上級者の仲間入り! 
🔹【じゃらん】料理、温泉、おもてなし…クチコミで選ばれた人気宿ランキング