神山町を西へ
準絶滅危惧種に指定されている「ヒメシャガ」が見頃と聞く「四国山岳植物園 岳人の森」を目指す。 




🔹【裏ワザ】覚えやすいメールアドレスでEメール上級者の仲間入り! 
🔹【じゃらん】料理、温泉、おもてなし…クチコミで選ばれた人気宿ランキング

画像 265
雄躑躅(オンツツジ)

植物園において一際存在感を発揮していた目が覚めるような赤、紀伊半島と四国、九州に生息するオンツツジ。 

名の由来は男性的な木の姿からで、メンツツジの別名のある藤躑躅/フジツツジと対比付けられた。 この赤が一番印象的だった。

画像 247
岳人の森への道中の目を引く立て札。

画像 246
これが「出会いの滝」

画像 248
観月茶屋が目印、そしてそこで入園料400円を支払う。この写真のあたりに車を停めてMAPを見ながらの散策となる。地元の六甲森林植物園に似ているが、この施設は宿泊も出来るようだ。

画像 250
シャクナゲ

以前はシャクナゲの里と言われていただけに有名のようだ。この時期(5月21日)ではほとんどが咲き終わっていたが、元気な姿を見せてくれている一本を見つけた。

画像 249
ここ数年、野球にとりつかれているが、これはバットの素材の木「アオダモ」

画像 251
クリンソウだ! 

このエキゾチックな赤紫、地元神戸の六甲高山植物園でも以前見て驚いたものだ。

画像 254
ヒメシャガ群生地

画像 258

画像 259

画像 263

画像 264
オンツツジの赤は見事な赤だ!

画像 266
これはなんて花?

     2013年5月21日の花たち


神山町行程MAP 2013.5.21


🔹【裏ワザ】覚えやすいメールアドレスでEメール上級者の仲間入り! 
🔹【じゃらん】料理、温泉、おもてなし…クチコミで選ばれた人気宿ランキング