室町時代の留学僧である愚中周及/ぐちゅう しゅうきゅうが開山。栄華を極めている京都五山へ対抗し厳格な禅風を守り、中国様式色濃く残す臨済宗妙心寺派の禅宗寺院である。福知山十景に選ばれている。


🔷紫金山 天寧寺

臨済宗妙心寺派
創建貞治4年/1365年、開山 愚中周及

福知山十景
石門の表示が気になった、右手は元愚中派本山と読むのだろう

石段の先に山門


🔹山門

山門
遮るものはなく、真正面に美しい薬師堂が見える。

山門2
山門の境内側、扉が味わい深い

句碑
無造作にある札に歌が詠まれている

花満ちて山寺坐してをりしとき 
弁当へ落ちる一片の花 

        大介
茶筅塚
茶筅塚

禅と茶の湯は茶禅一味と言われる関係、茶の湯は禅を起源とする。



句碑2

四季の影
深く漂う 薬師堂 

      富 子

並ぶ供養塔
苔をまとった供養塔が並ぶ

かつての橋
かつては橋だったのだろうか、薬師堂にゆっくりと向う

倉が2つ
左手に倉と宝物庫

不明な石碑
碑文の部分を剥がしたのだろうか


🔹地蔵堂

地蔵堂

地蔵菩薩




🔹研修道場/禅堂

研修道場
今も日夜、愚中の教えを継承していることだろう


🔹鐘楼

鐘楼

鐘楼2


🔹薬師堂

寛政6年/1794年に建立

薬師堂

薬師堂2

▼薬師堂の詳しい解説がある


薬師堂3

薬師如来坐像と天井の龍

薬師堂4

▼薬師如来坐像の写真


文化財表示

薬師堂解説


🔹開山堂

寛政5年/1793年建立

開山堂

開山堂へ
薬師堂と開山堂は回廊で繋がっている

▼開山堂の詳しい解説がある


開山堂の奥
開山堂の奥、右の白い建物はなんだろ

収蔵庫のよう


歴代住職の墓


🔹境内神社

境内の端っこに二つの社があった、三宝荒神が鎮守と書いた文献があったのでどちらかがそうだとは思うが確定できない

境内神社

境内神社2

境内神社3

境内神社4


🔹本堂/方丈

度重なる火の災いがある方丈、昭和38年/1963年再建

方丈

天寧寺解説

方丈2

方丈3
方丈正面と庭園

方丈5




🔹福知山十景の表示

福知山十景表示

納径所

掲示板

サビた門
方丈の軒下にあった丸二の家紋/丸に二つ引きがあるサビた鉄の門、足利氏の代表的な家紋だ。

池
池のそばを通り駐車場へ


🔹大呂神社/おおろ--

大呂神社
大呂とはこのあたりの集落の名前、まだ新しい神社だ。祭神のメンバーはオールスターだ。スサノオじゃなく牛頭天皇というところに注目



大呂神社2

祭神
牛頭天皇、稲荷神社
三嶽神社、厄除神社




三嶽神社、厄除神社は特定できず

祭神
福主神社、八幡神社
天満神社、鹿島神社








石標

  2023年7月3日 参拝






🔹裏ワザ! 覚えやすいメールアドレスでEメール上級者の仲間入り! 
🔹じゃらん⊳料理、温泉、おもてなしクチコミで選ばれた人気宿ランキング 🔶