出石神社と並び但馬国一の宮、大国主命の子、阿米弥佐利命が主祭神で創建は古く紀元前。圧倒的な存在感の600年前の勅使門、また「栗鹿神社の七不思議」も興味深い





🔷栗鹿神社 但馬国一の宮

出石神社と並び但馬国一の宮、大国主命の子、阿米弥佐利命が主祀神で創建は古く崇神天皇<紀元前148年>の頃。

鹿が栗を加えて粟鹿山から現れ、人々に農耕を教えたという伝承により“粟鹿”という名が付けられたと伝えられてる。

神徳高き神社として朝廷の尊崇が厚く、約600年前には国家の大難に際して4度の勅使が派遣され、そのご加護として勅使門が建てられた。 


🔹裏ワザ!覚えやすいメールアドレスでEメール上級者の仲間入り! 
🔹じゃらん⊳料理、温泉、おもてなしクチコミで選んだ人気宿ランキング
🔹スーツケースはレンタルする時代!【アールワイレンタル】



🔹鳥居

01.鳥居
右に立つ細長い石に栗鹿神社とある

注連縄における太い縄の部分は雲を意味し、紙垂/しで・ジグザグの白い紙は雷、〆の子/しめのこ・てるてる坊主みたいな藁は雨の降る様子を表す。

02.御神木案内板
隣接する駐車場から出るときにこうあったのでまず御神木に


🔹御神木 樹齢800年大杉

03.御神木

03.御神木2
太陽の塔のモデルだったりしてとおもいつつ、その個性的な大杉の周りを何度も回って、見上げて、触れてみた。

03.御神木3

03.御神木4

03.御神木m
御神木のうしろ

01.鳥居2.
鳥居から見た参道

04.沓石
沓石



05.参道


🔹勅使門

06.勅使門
紋に彫られた鳳凰が鳴いたとされる勅使門、文献による勅使参向は4度。創建念は不詳で神功皇后も三韓征伐の跡、勅使を遣わしたとの伝承もある。

06.勅使門解説

06.勅使門2

06.勅使門3

07.随身門5

06.勅使門裏側
勅使門の境内側


🔹隋神門/日の出門

07.随身門
勅使門に並んである隋神門から境内に入る。外側には随身像1対が、内側には狛犬1対が安置されている。

07.随身門と勅使門

08.随身像

08.随身像2

08.随身像解説

07.随身門3
隋神門の境内側

09.狛犬

09.狛犬2

09.狛犬解説


🔹手水舎と藤棚

10.手水舎と藤棚

10.手水舎と藤棚2

11.境内
隋神門を潜り境内を見る

14.土俵
土俵、奉納相撲が行われるのだろう


🔹天満宮

12.天満宮
境内に入りすぐ左手、数本の巨木に囲まれた場所。

12.天満宮2

12.天満宮4

12.天満宮5
祭神
菅原道真



12.天満宮の浦の謎
謎の天満宮の裏の石像と丸石

12.天満宮の浦の謎2
前髪を掴み、強烈な目力で口は半開き、何かを叫んでいるようだ。

『粟鹿大明神元記』にあるように荒ぶる神を鎮めるためにここが存在するならば、のちの時代の荒ぶる神、天神を鎮める意味もあるのだろうか? そんなことを考えてしまった。

『粟鹿大明神元記』に記された神話は以下の通りである。

昔、山海や人々の生活も混沌とし、神も天皇になっていない頃、天美佐利命は国を振り固めた。その後、天下が陰り、豪雨が長く続き、洪水が発生し、飢餓や病が流行り、人々が流浪するようになった。天皇は駕き、家臣に命じて占わせた。それによると、大国主命の子の天美佐利命が、まだ朝廷からの尊敬を受けていないため、この災難が起こっているということであった。そのため朝廷は勅命を下し、社殿を建て、12箇所の別所、神戸2烟、神田75町5段180歩を与えた。そして、天美佐利命を祀り、氏と神職を定めるにあたって、大和国の大神神社の氏人(三輪氏)を派遣した。また、祭りや忌月、供日、神宝、礼祭も定めた。これにより、天下は豊かになり、人々も安心して暮らせるようになったという

🔹砲弾

15.砲弾
戦利兵器奉納ノ記と刻まれた砲弾


🔹拝殿

16.拝殿

16.拝殿2
境内を進み右に90度、立派な注連石が印象的「輸誠」と「致敬」の文字がある。




17.狛犬
子供が足もとに

17.狛犬2

16.拝殿3

15.砲弾4
拝殿の側面


🔹本殿

18.本殿

18.本殿2
御扉は三つ

祭神
天美佐利命/あめのみさりのみこと
日子坐王/ひこいますのおおきみのみこと
日子穂穂手見尊/ひこほほでみのみこと




18.本殿3
本殿横から拝殿を見た

18.本殿4

18.本殿5

18.本殿6


🔹厳島神社

19.厳島神社

19.厳島神社2



ここでは三女の市杵島姫命が祭神となっている




🔹夫婦杉

20.夫婦杉


🔹稲荷神社

21.稲荷神社

21.稲荷神社2
三連の赤鳥居

21.稲荷神社3

21.稲荷神社4
祭神
保食神/うけもちのかみ



21.稲荷神社5
稲荷神社から下りながら

21.稲荷神社6


🔹床浦神社

22.床浦神社

22.床浦神社2




🔹茗荷神社 /みょうが--

23.茗荷神社

23.茗荷神社2



栗鹿神社の社紋は圓囲の中に菊と茗荷とを合はせた紋で「抱き茗荷」と呼ぶ。

菊の御紋の半分と、年毎の祈年祭に茗荷神社の池中に生へる茗荷の新芽の長短により、その年の豊凶を占ひし故事に由縁あるやに考へられる」とあるように、社紋と関わる末社である。

▼栗鹿神社の社紋
画像



24.小さな池
これはなんだろうね、七不思議にある四角い池か?


🔹栗鹿神社由来碑

25.栗鹿神社由来碑


🔹猿田彦神社 / 庚申社


26.猿田彦神社

26.猿田彦神社2
祭神
猿田彦神




27.社務所
日の出門の真正面にある親しみを感じる社務所

最後になったが栗鹿神社に伝わる七不思議を引用しておく
1、
旧暦2/4の祈念祭に、境内の茗荷神社の池に毎年必ずみょうがが芽を出し、その長短によってその年の稲作の豊凶を占う。

2、
勅使門の彫刻2羽の鳳凰が毎夜鳴くので、作者の左甚五郎が1羽の首を切り落とすと、以降鳴かなくなった。

3、
御手洗の池を3回まわって手をたたくと大蛇がでる。

4、
「もみ火の御供さん」と呼ばれるかまど形の石があり、ここで御供さんを炊いた後、土を盛っておくと翌年まで暖かさが残る。

5、
玉の井の水は天下の名水で、どんな大飢饉の年にも枯渇したことがない。

6、
亀を放すとよいといわれている四角い池の水は、奈良の二月堂の水に通じている。

7、
御手洗の池に丸木の橋をかけ、その上に俵を置いてお祈りすると必ず雨が降った。

              たじま旅ネットより
27.あわがMAP

  2023年10月30日 参拝






🔹裏ワザ! 覚えやすいメールアドレスでEメール上級者の仲間入り! 
🔹じゃらん⊳料理、温泉、おもてなしクチコミで選ばれた人気宿ランキング
🔹スーツケース買うのはちょっと…という方はこちら