神戸ストリーム

From traditional light and darkness of Japan and the importance of nature from Kobe… / 日本の伝統的な明と暗、そして自然の大切さを神戸から… / © 2006 神戸ストリーム Corporation.

カテゴリ: 滋賀

6月10日、名古屋の帰り道、この日は米原でホタルという計画。 早めに温泉に入り、準備万端でスポットにて日暮れを待つという流れだ。到着したのはJR近江長岡駅。 米原市役所山東庁舎にてパンフレットをゲット、近くの神社に向かうことにした。 クリックで拡大      ...

大津百町(ひゃくちょう)大津の地名は、大きな港(津)に由来し、すでに平安時代、都への物資を中継する港として重視されていた。 豊臣政権下に築かれた大津城が関ヶ原合戦でその役割を終えると、城は膳所に移され、大津は城下町から商業都市へと変貌。江戸幕府の直轄支配地 ...

近江の国 一ノ宮 建部大社湖岸道路を東へ瀬田川を越えてすぐその名も「神領」という交差点から立派な鳥居が見える。   一ノ宮にふさわしい立派な鳥居と参道。車でこのまま入っていくと広い駐車場にたどり着く。   神門   比較的新しい手水舎    光が差し込み美しい水 ...

大津まち歩きまずは 大津祭 元宮  天孫神社へ 近江の国の四ノ宮 天孫神社。一が武部大社(このあと参拝する)、二が日吉大社、三が多賀大社という。天孫神社御祭神は彦火火出見尊、国常立尊、大名牟遅尊、帯中津子尊の四神だ。      天孫神社には三対の狛犬がいる。一 ...

大津に唐崎という神聖な場所がある古来、朝廷を始め国家の大事にあたっての祓(はらい)*を行なう霊場でもあった柿本人麻呂や松尾芭蕉など、古人が数多くの詩歌を残すほどの名勝近江八景  唐崎の夜雨(やう)  それは、日吉大社摂社 唐崎神社 のこと まだ午前の早い時間 ...

漣瑞寺から北へ1ブロックそこを西に上がる、ここが松の馬場通り京阪石山坂本線「松の馬場駅」から琵琶湖に向って降りてくる通りのことかつては坂本と下坂本を繋ぐ大通りだったそうだそして松の馬場通りと旧西近江路とが交わる交差点が「両社の辻」辻の西側に、関所のように二 ...

極上の日の出のショーのあとは朝の参拝今回は明智光秀のお膝元「坂本」。その中でも坂本城があったとされる「下坂本」を歩いてみることにした。車を国道161号沿いの三津浜 城跡公園に停めてしばしの散策を楽しんだ。   七本柳というが五本ぐらいしかなかったような気がする ...

京都市内から五条通りを大津に向う京都東から西大津バイパスに入り琵琶湖を見下ろす。美しい。そのまま一気に坂本まで、西教寺の夜間拝観に行くことにした 駐車場に停めて参道を昇っていく境内、本堂まで、なんと貸しきり状態。 信じられないのですが私一人。時間も遅かった ...

亀岡の紅葉の名所として名高い古刹 鍬山神社 御祭神は大己貴命(大国主命の若き頃の名前だと言われている。) 保津峡の請田神社、桑田神社と共に丹波の開拓の話にも登場する重要な神社だ 一の鳥居そばの駐車場から参道沿いの素晴らしさ二の鳥居見事な紅葉、赤、朱、オレン ...

「丹波七福神めぐり」というものがある。丹波というが、すべて亀岡市内にあり、そのすべてが密集しているので半日で回れる(全行程5km内に出雲大神宮も入っている)。どれか一つだけなら迷わず選ぶべきと愛好者は口をそろえる場所がある。 丹波七福神 第一番 毘沙門天『瑞 ...

今年の6月21日に参拝し、花と緑の出雲大神宮に、心休まる思いをしたのは、今もまだ記憶に新しい。では紅葉の大神宮はどんなだろう? そして前回は歩かなかった裏山の散策もしてみた。  2010年6月21日参拝記録↑ 京都亀岡 出雲大神宮 丹波国一宮   口の中に赤い玉を持っ ...

11月15,16の旅の目的は、滋賀県立近代美術館 「生誕100年特別展 白洲正子 神と仏、自然への祈り 」だっ た。彼女の「かくれ里」という本に出会ったとき、その感性、表現方法などが、何の違和感もなく、心地よく消化できたのを良く覚えている。 私の好奇心や、じっとしてい ...

立木観音からさらに422号線を南下307号線に合流、信楽に向う山間部の自然な紅葉と山々を楽しむドライブだ  422号線の途中にあった、寂れた神社。  ロープが張られていて余計にこの先が気になったのですが...  このあと、まったく知らなかった「朝宮茶」を体験すること ...

二日目の朝、ご機嫌な朝食を済ませ石山のホテルから石山寺を越えて、瀬田川を登ること十数分目指すは「立木観音」 鹿跳渓谷(ししとびけいこく)に向かってそびえる立木山の頂上にある。ようするに早朝登山である。駐車場は南向きの道路わき、422号線を渡り登り口へ   つく ...

日吉大社 平安京の表鬼門鎮座 日の光の下でも、たいそう素晴らしい景観のこの場所。今回は紅葉ライトアップに出かけました 手際のいい係員の誘導で駐車もスムーズ、肝心の紅葉は少々早め、3~4割紅葉。大宮橋 非常に手が込んだ造りで、石造桁橋の代表的なものとされてい ...

義仲寺 そう、ここはあの悲運の猛将、木曽義仲のお墓がある場所芭蕉は悲運の武将に強く心を惹かれ、思いを馳せる方だったようだ御堂筋の旅宿・花屋仁左衛門方にて、10月12日午後4時に永眠。遺言は「私を木曽義仲公の側に葬って欲しい」と残されたほどの思いがあった弟子10 ...

玄住庵 芭蕉が「奥の細道」から帰られ8月に訪れた「大垣市」の奥の細道終焉の地から近江に来られたのだろう 奥の細道終焉の地の記録↑そして4ヶ月をこの場所で過ごされたという現在の建物は3代目で、その周辺もかつての「ふるさと創生基金」にて整備されたと聞いた庵からは琵 ...

琵琶湖の左岸を目指す場合は京都東で下車、西大津バイパスに入るとスムーズそして数分で近江神宮の標識が出てくる今回の旅の安全祈願は天智天皇にお願いします 近江神宮ホームページ 楼門 車ですぐこのそばまで行けました。   外拝殿   重厚な拝殿   朱鮮やかな楼門にか ...

異常気象のため、梅花藻の見頃は8月から9月です。街道沿いにこんな看板が...ん?先月は完璧にアウト↓ この日もまだほとんど咲いていないが、ところどころの美しさは息を呑む水中で花が開き、水面から姿を表わす。なんてドラマチックな花なんだろう水温が冷蔵庫並なので ...

本来ならば伊吹山の頂上で、琵琶湖を見下ろしながらの歴史的体験のはずだったゲートまで行ったものの、料金所のおじさんが親切にも「上は霧と雲で今日は景色はみえませんよ」と潔くあきらめ、滋賀の最東端⇒最北端「余呉湖」に移動だ、このフットワークの軽さは我ながら大好 ...

長浜の親子丼をいただいたのち米原まで戻り中山道 醒井(さめがい)へこの町は中山道61番目の宿場町町のはずれには旅する馬の安全祈願の馬頭観音もある「醒井と地蔵川の清流」は湖国十景に選ばれている.。▲▶▼2020年追記*どうも湖国十景が検索されませんでした、くくりが変 ...

開店前から大行列長浜駅前の鳥喜多本店なんとガードマンが登場するありさま...で、本店には行かずネットやグルメの人たちの声で評判なのが鳥喜多支店もっぱらこちらは地元の親子連れが多いようで味付けも本店より若干濃いめだという並ぶことなく、駐車場にも停めることが ...

小雨の中、石段を登るめんどくさいから笠はたたんでしまった少し登れば札が、また息が上がる頃に札が... 気が紛れて次の札は?と楽しみになる なかなか、毎日の暮らしの中で、こうは思えないなぁ~ まだまだ青いですね。▲▶▼2020年追記*このことに関しては大丈夫かも ...

これほどまでに凄いとは思っていなかった 程よい小雨がかえって花をイキイキとさせるのはご存知のとおり 去年の法金剛院においてもそうでした法金剛院の蓮   目指すは、草津市の北端、琵琶湖に突き出した小さな半島   烏丸半島 蓮は早朝が美しい、名神を瀬田で降り湖岸を ...

世紀の日食天体ショーを何処で見ようかと考えたあいにく天候は悪いようで、半ば諦めていたので寸前で雲が切れ見ることができたそもそも、この旅の目的は「蓮」『梅花藻<ばいかも>」「鯖そうめん」結局「梅花藻」はまだ咲いておらずリベンジは8月に岐阜に行く途中に寄って ...

日野鎌掛ホンシャクナゲ群落地からすぐ(5分)お隣といっていいくらいの場所にある 藤の寺 正法寺ここも駐車場が無料なのはうれしいバリアフリーが行き届いている見事に手入れされている藤棚、いくつもの藤の名所を見たが、規模こそ違えど、その清廉さはトップクラス。ご本尊 ...

旅の基本目指すところの駅と役所を先ずおさえるこの日は祝日、役所はお休みだろうけれど駅に行けば観光案内所はあるはず...と向かったところ素晴らしく古い駅舎だった近江鉄道 日野駅1900年(明治33年)開業以来の駅舎は、もはや芸術的な存在感。構内踏み切りもある、めずら ...

篠山経由で周山街道に入り金閣寺わきに降りる、今日はやぶさめ神事を拝謁し会場の京都下鴨神社から高野川沿いに北上、いわゆる「鯖街道(国道367)」で滋賀草津へ。日吉ダム八重桜が満開今回も神事中は集中したくて写真は撮れませんでした。YouTubeでご覧ください大原を過ぎ ...

初代糸屋重兵衛の妻・ますが夢のお告げで白髪の老翁から菓子の製法を教わり菓子業に転じた いと重菓舗 創業1809年 いと重菓舗           「ここで食べることもできますか?」の問いかけに「どうぞ、なにもお構いはできませんが」と気持ちのいい対応、店内のテー ...

多賀大社でのんびりと馬たちと戯れておしゃもじも買って(多賀大社はおしゃもじ発祥)...名物の『糸切餅』を頂きました。 その昔、日本は二度にわたる蒙古襲来を台風によってまぬがれました。平和が蘇ったことを喜んだ里人はおだんごを作り、蒙古郡の旗印である赤青三筋 ...

晴天に恵まれて、チェックアウト後もしばらくホテルに車を停めさせてもらって徒歩でのんびりとキャッスルロードを目指しました。銀行には「両替商」と表示してあるし、行く先、行く先にいる「ひこにゃん」のぬいぐるみ。あと「ひこちゅー」や「石田みつにゃん」「嶋さこにゃ ...

パスタとデザートでお腹いっぱいになってあとは、のんびりと夜を迎えるいつもなら仕事に追いやられる時間月一回の開放感がたまらないホテルの上から見ていた場所そう、鳥人間コンテストのあの場所で夕日を待つ 松原水泳場対岸に日が落ちる。 感動的まったくといってゴミがな ...

多賀町名神の多賀サービスエリアはよくご存知のはず。のどかで、自然が美しく、花、川、田園がまるで絵のような多賀町はほんとうにすばらしいところです九月古例祭は13時からちょっと早く着いたので、まず車を停めて散歩を...と駐車場を訪ねたら、そのおじさんが「ここ停 ...

芹川調べれば、それはそれは、有名なスポットでした。河口は釣り人や渡り鳥観察(冬)川沿いに上って、池州橋~後三条橋~芹橋までは並木道でコゲラやシジュウガラ、ヒヨドリなどの野鳥が飛びまわるという(琵琶湖から数えて3番目が池州橋)ナウマンゾウが発掘されたこの河 ...

多賀大社の九月古例祭と彦根城・玄宮園で虫の音を聞く会が目玉のこの旅ところが以外にも、今思えばいきなりのクライマックスとも言えるおはなしですそれは初日の午前中早い時間でのこと今日の多賀大社でのお祭りは13時からその前に、計画どおり自然散策をしようとまずは、多 ...

滋賀県立博物館へ今日(9/24)が最終日の「円仁展」に行ってきました。  大きな森の中に、大学や高校、図書館に美術館と見事に整備された「文化ゾーン」です。 こんな環境で勉学に勤しむのは幸せだなって思います。 空気 は「あの空気」、そう昔、子供の頃、山にカブトム ...

坂本を後にして、きれいな比叡山ドライブウェイを登っていく。 ラッキーなことに桜はまだしっかりと咲いていて、それもちらちらと散りはじめの一番美しい瞬間でした。最後のプログラムは、時間の都合で三塔あるうちのいちばん有名な「東塔」にお参りをすることにしました。 ...

昨夜の深酒も残らず、山科の朝は快適な目覚め、そして大好きな朝食バイキング、すっかり写真を撮るのを忘れてしまいました。チキンスープ味のお粥がやさしくて、和洋あわせてたんまりと食べました。 さて、夕べの男性の話を思い出しつつホテルを出て坂本へと車を走らせまし ...

初日は途中から光秀公の目線なるものが、やけに気になりだして、旅の二日目は「坂本城あと」を見に行って、琵琶湖を眺めてみようと思いながら、きょうの宿 へ。 滋賀、京都観光には交通の便のいいブライトンシティホテル山科へ止まります。京都へも一駅、大津へも一駅でいけ ...

「坂本さるや」は洋菓子(シュークリーム数種・焼き菓子)和菓子(大福数種)とありますが、どれもが一ひねりしています。シュークリームは香ばしい厚めの シューで抹茶味もありました。特に今回気に入ったのは「塩マメ大福」です。食べちゃって写真撮り忘れたんですが(笑)、塩 ...

日吉神社から車で2分ぐらいかなぁ、ここも駐車場は無料ですがピーク時は混雑するでしょう。 比叡山の南東山麓に広い寺域を持つ天台真盛宗の総本山。寺伝では、聖徳太子が創建し、天智天皇から西教寺の勅願を賜り、平安時代に入り、良源、源信が庵を結んだ後荒廃。室町時代 ...

全国3800余社の分霊社がある総本山。「日吉大社」駐車場は無料、紅葉シーズン以外ならゆったりと止めれると思います。受付で一人300円を払い、現存する日本最古の石橋「走井橋」「大宮橋」(重要文化財)を渡ってスタート。(ここも日吉三橋の写真が見れるサイト)二つある国宝の ...

滋賀への旅、今回はなぜか明智光秀ゆかりの地が目立つ。最初はふむふむって感じだったのが、途中からは意図的にコースを変更して、光秀公の目線を意識して写真撮影もしました。初日昼過ぎに大津に到着、そのまま坂本へ。比叡山のご用達でもある蕎麦どころ「本家・鶴喜蕎麦」 ...

↑このページのトップヘ