我々の先達は、荒廃と復興を繰り返しながらでさえ、そっと我々のこの時代にまで「美しき良きもの」を残してくれています。今は駅の前、そして大きな道に面して法金剛院の前に立つ。隣には大きな建物が立ち並ぶ。それぞれの景観のリスクを木々たちが必死に隠してくれています ...