神戸ストリーム

From traditional light and darkness of Japan and the importance of nature from Kobe… / 日本の伝統的な明と暗、そして自然の大切さを神戸から… / © 2006 神戸ストリーム Corporation.

タグ:紅葉と町歩き

大津百町(ひゃくちょう)大津の地名は、大きな港(津)に由来し、すでに平安時代、都への物資を中継する港として重視されていた。 豊臣政権下に築かれた大津城が関ヶ原合戦でその役割を終えると、城は膳所に移され、大津は城下町から商業都市へと変貌。江戸幕府の直轄支配地 ...

近江の国 一ノ宮 建部大社湖岸道路を東へ瀬田川を越えてすぐその名も「神領」という交差点から立派な鳥居が見える。   一ノ宮にふさわしい立派な鳥居と参道。車でこのまま入っていくと広い駐車場にたどり着く。   神門   比較的新しい手水舎    光が差し込み美しい水 ...

大津まち歩きまずは 大津祭 元宮  天孫神社へ 近江の国の四ノ宮 天孫神社。一が武部大社(このあと参拝する)、二が日吉大社、三が多賀大社という。天孫神社御祭神は彦火火出見尊、国常立尊、大名牟遅尊、帯中津子尊の四神だ。      天孫神社には三対の狛犬がいる。一 ...

大津に唐崎という神聖な場所がある古来、朝廷を始め国家の大事にあたっての祓(はらい)*を行なう霊場でもあった柿本人麻呂や松尾芭蕉など、古人が数多くの詩歌を残すほどの名勝近江八景  唐崎の夜雨(やう)  それは、日吉大社摂社 唐崎神社 のこと まだ午前の早い時間 ...

極上の日の出のショーのあとは朝の参拝今回は明智光秀のお膝元「坂本」。その中でも坂本城があったとされる「下坂本」を歩いてみることにした。車を国道161号沿いの三津浜 城跡公園に停めてしばしの散策を楽しんだ。   七本柳というが五本ぐらいしかなかったような気がする ...

京都市内から五条通りを大津に向う京都東から西大津バイパスに入り琵琶湖を見下ろす。美しい。そのまま一気に坂本まで、西教寺の夜間拝観に行くことにした 駐車場に停めて参道を昇っていく境内、本堂まで、なんと貸しきり状態。 信じられないのですが私一人。時間も遅かった ...

亀岡の紅葉の名所として名高い古刹 鍬山神社 御祭神は大己貴命(大国主命の若き頃の名前だと言われている。) 保津峡の請田神社、桑田神社と共に丹波の開拓の話にも登場する重要な神社だ 一の鳥居そばの駐車場から参道沿いの素晴らしさ二の鳥居見事な紅葉、赤、朱、オレン ...

「丹波七福神めぐり」というものがある。丹波というが、すべて亀岡市内にあり、そのすべてが密集しているので半日で回れる(全行程5km内に出雲大神宮も入っている)。どれか一つだけなら迷わず選ぶべきと愛好者は口をそろえる場所がある。 丹波七福神 第一番 毘沙門天『瑞 ...

今年の6月21日に参拝し、花と緑の出雲大神宮に、心休まる思いをしたのは、今もまだ記憶に新しい。では紅葉の大神宮はどんなだろう? そして前回は歩かなかった裏山の散策もしてみた。  2010年6月21日参拝記録↑ 京都亀岡 出雲大神宮 丹波国一宮   口の中に赤い玉を持っ ...

↑このページのトップヘ